ヤリン Yalın

 

YALIN.JPG

 

 現在のトルコで最も人気の高い男性ポップ・アーティストの一人。民族色の強いアコースティックなポップ・ロック・サウンドと繊細で甘いボーカルが特徴で、どことなくノスタルジックで心癒される良質なポップ・ミュージックを提供してくれるシンガー・ソングライターである。
 彼の人気を決定付けたのは、04年に発表されたセカンド・シングル“Zalim”。この叙情的で哀愁溢れるバラードは04年のサマー・シーズンを代表するメガ・ヒットとなり、ヤリンはあっという間に人気スターの仲間入りを果たしてしまう。いわゆるシンデレラ・ボーイというやつだ。
 同年にリリースされたファースト・アルバムもバカ売れ。その後のアルバムやシングルも好調なセールスを記録し、名実共にトルコを代表するトップ・アーティストへと成長。その大らかでお茶目な人柄が、テレビの音楽番組やトーク・ショーでも親しまれているという。
 また、日本のR&Bディーヴァ、AIのアルバム・トラックにゲストとして参加したこともあるので、ターキッシュ・ポップには詳しくなくても名前くらいは耳にした事があるというリスナーもいるかもしれない。ほのかにエキゾチックでメロディアスな楽曲は歌謡ポップス的な魅力もあり、そういった意味では日本人にも耳馴染みが良いので、ターキッシュ・ポップ初心者にも十分おススメできるアーティストではないかと思う。

 1980年3月30日イスタンブールの生まれ。本名はフセイン・ヤリンという。ギターが趣味だった父親がジプシー・キングスの楽曲を演奏するのを聴いて音楽に興味を持ち、高校時代から作曲活動を始める。イスタンブール・ビルギ大学で経済学を学び、レコード会社に送ったデモCDがきっかけでデビューすることとなった。
 04年の3月にデビュー・アルバム“Ellerine Sağlık”をリリース。ファースト・シングル“Günaydın”がテレビやラジオのヒット・チャートでトップ10入りを果たし、その勢いに乗ってセカンド・シングル“Zalim”が大ブレイク。アルバムもトータルで55万枚を売り上げ、この年最大のベストセラーの一つとなった。
 翌年には早くもセカンド・アルバム“Bir Bakmışsın”を発表し、こちらも前作には及ばないとはいえ18万枚近くのセールスを記録。さらに、07年のサード・アルバム“Herşey Sensin”からはタイトル曲“Herşey Sensin”と“Cumhuriyet”がヒット・チャートでナンバー・ワンを獲得。メディアグループPowertürkのミュージック・アワードで最優秀アルバム賞など2部門を獲得した。
 そして、昨年は4枚目のアルバム“Ben Bugün”を発表。ジャケットのデザインから楽曲のサウンドまでガラリとイメージを変え、思わずワクワクさせられるような躍動感溢れるポップ・ナンバーを聴かせてくれている。

 

 

ELLERINE_SAGLIK.JPG BIR_BAKMISSIN.JPG HERSEY_SENSIN.JPG BEN_BUGUN.JPG

Ellerine Sağlık (2004)

Bir Bakmışsın(2005)

Herşey Sensin (2007)

Ben Bugun (2009)

(P)2004 Universal (Turkey) (P)2005 Pasaj Music (Turkey) (P)2007 Avrupa Muzik (Turkey) (P)2009 Avrupa Muzik (Turkey)
1. Zalim (Ellerine Saglik) ビデオ
2. Sonsuz Ol ビデオ
3. Degmez ビデオ
4. Sahte
5. Gunaydin ビデオ
6. A?kta Telafi Olmaz
7. Son Askim
8. Tek Gecelik Ask Masali
9. Seni Buralarda Bir Ozleyen Var
10. Meleklerin Sozu Var
produced by Selim Ozturk
1,Kucucum ビデオ
2,Bir Bakmissin ビデオ
3,Keske ビデオ
4,Ben Bilmem ビデオ
5,Ask Ne Demek
6,Istanbul Benden Buyuk ビデオ
7,Eyvahlar Olsun
8,Yagmur
9,Seviyorum
10,Uzulme

produced by Selim Ozturk
1,Koyver ビデオ
2,Cumhuriyet ビデオ
3,Hersey Sensin ビデオ
4,Ama Olsun ビデオ
5,Sen Donmeden Uyanmam Bu Gece
6,Gelme ビデオ
7,Kalamadim ビデオ
8,Ara Sira
9,Gule Gule
10,Alismak Zorundayim

music director : Selim Ozturk
1,Ah Be Kardesim ビデオ
2,Nezaketten
3,Bir Tek Sen Eksiksin ビデオ
4,Bit Pazari
5,Nerden Nereye
6,Baska Hayatlarin Kadini
7,Ask Istiyoruz ビデオ
8,Ki Sen ビデオ
9,Ski Kisi ビデオ
10,Uzaktan Dunyali
11,Terazi
12,Duyulurum

produced by Alper Erinc'i & Yalin
 大ヒット曲#1を含むヤリンの記念すべきファースト・アルバム。伝統的なトルコ歌謡の流れを汲みつつ、若々しいアコースティックな・ポップ・サウンドでまとめ上げたといった感じでしょうか。ノスタルジックな雰囲気がとても良い感じです
。個人的にはロマ風の哀愁系ギター・ポップ(?)といった印象の#2がとてもお気に入り。全体的にバラード曲が多いということもあってか、新人アーティストの作品とは思えないくらい落ち着いた内容に仕上がっているように思いますね。
 前作の路線をそのままに、より民族色の強いアコースティック・ポップ・サウンドを全面的に押し出したセカンド・アルバム。実は、個人的にはこちらのセカンドの方が好きだったりするんですよね。古き良き時代のトルコ歌謡を彷彿とさせるメロディがなんとも味わい深い。それでいて、スカやロックといった欧米的なサウンドがしっかりと生かされていて、それはそれはクールでカッコいい作品に仕上がっています。楽曲はどれもおススメですが、中でも#
2と#3、#6、#7は必聴!名盤!
 こちらも今までの路線をしっかりと踏襲しつつ、より叙情的でドラマチックで聴き応えのある作品に仕上がったサード・アルバム。特にヤリンのメロディ・メーカーとしての実力が遺憾なく発揮された1枚と言っても良いでしょう。トルコ歌謡的なオリエンタリズムに古いヨーロッパ映画のごとき華麗なロマンティシズムを絡めた#2がなんと言っても絶品。ラテン風の情感溢れる切ないバラード#6や摩訶不思議なレトロチック・ポップ#7なんかもヒジョーにおススメ。充実してます。  これは傑作です。ジャケットからして劇的なイメージ・チェンジを遂げた4枚目。現地のヒット・チャートで1位を獲得した#1なんか、いきなりパワフルでウルトラ・キャッチーなポップ・ロッカー。これまでのバラード中心の選曲から一変し、アップテンポな楽曲の割合が増えたのも特徴的ですね。それでいて、しっかりとトルコ歌謡的な異国情緒溢れる叙情感や哀愁感を残しているところなんか、さらにポイント高いと思います。ロマや汎地中海的サウンドも濃厚。おススメです。

 

戻る