イタリア映画のマエストロ(2)
ヴァレリオ・ズルリーニ Valerio Zurlini

 

VALERIO.JPG

 

 1950年代末から60年代にかけて、イタリア映画界には新しい才能が次々と登場した。エルマンノ・オルミ、マウロ・ボロニーニ、フランチェスコ・ロージ、フランコ・ゼフィレッリ、カルロ・リッツァーニ、そしてベルナルド・ベルトルッチなどなど。彼らは“新世代”と呼ばれ、戦後ネオレアリスモの伝統を継承しつつも、