ウラジミール・シャインスキー Vladimir Shainskiy
哀しくも愛らしい「チェブラーシカ」の調べ

SHAINSKY.JPG

 

 日本でもすっかり御馴染みになったロシアの人形アニメ「チェブラーシカ」。ワニのゲーニャが歌う主題歌をはじめ、ロシア的な哀愁感に満ちたノスタルジックでキュートな音楽もファンの間では大変な人気を誇っている。その「チェブラーシカ」の音楽を担当したのが、ウラジミール・シャインスキー。「チェブラーシカ」や「手紙」、「ママ」といったロマン・カチャーノフ作品をはじめとするアニメーションや児童映画の音楽も数多く手掛けている作曲家だ。
 シャインスキーの名前は日本ではまだまだ馴染みが薄いものの、ロシアでは知らない人がいない位に有名な童謡作曲家である。彼は1960年代から現在まで、実に100曲近くの童謡を作曲している。“Chunga-Changa(チュンガ・チャンガ)”や“Oblaka(雲)”など、彼の作品の数々はソヴィエト時代にロシア中のピオネールの子供たちに愛唱されたものだった。60年代以降に生まれたロシア人であれば、誰もが幼少期に彼の音楽に親しんで育ったといっても過言ではないだろう。
 子供向けの童謡とはいえ、高度な職人技で作られた複雑なメロディ、叙情的で時には人生のほろ苦さまで盛り込んだ歌詞(コズロフやツモフィーフスキーといった詩人が担当)など、彼の作品は大人にも十分楽しめるものが多い。
 1925年12月12日の生まれというから、今年で81歳になるシャインスキーだが、まだまだ健在のご
様子。現在はニューヨークのブロードウェイで、ロシア映画「パパってなに?」('97)のミュージカル版の制作が進行しているが、ここでは全編にシャインスキーの童謡が使われる予定だという。そう遠くない将来、世界中の子供たちがシャインスキーのメロディを口ずさむようになるかもしれない。

CHEBRACIKA-1.JPG CHEBRACIKA-2.JPG

チェブラーシカ

ワニのゲーニャとチェブラーシカ


MITON-1.JPG

父の帰りを待つ少年 〜「手紙」より〜

※下記のディスコグラフィーでは、CDタイトルを英語訳で表記しています。また、各収録曲はロシア語を英語のアルファベットで表記しています。ご了承下さい。

BEST.JPG COLLECTION_1.JPG COLLECTION_2.JPG COLLECTION_3.JPG

Crocodile Genya and Others

And I Play On Accordion

When My Friends With Me

Shapoklyak and Others

(P)2002 TWIC Lyrec (Russia) (P)2005 TWIC Lyrec (Russia) (P)2005 TWIC Lyrec (Russia) (P)2005 TWIC Lyrec (Russia)
1,Pesenka Krokodila Geny
2,
Vmeste Veselo Shagat
3,Pesenka Pro Papu
4,Nebylitsy
5,Goluboj Vagon
6,Pervoklashka
7,Pesenka O Tsirke
8,Ulybka
9,Mamontenok
10,Korabloki
11,Oblaka
12,Pesnya O Remonte
13,Cheburashka
14,Chemu Uchat V Shkole
15,Dvazdhy Dva-Chetyre
16,Vse Mu Delim Popolam
17,V Mire Mnogo Shazok
18,Kogda Moi Druzya So Mnoi
19,Antoshka
1,Pesenka Krokodila Geny
2,Pervaya Pesenka Utenka
3,Vtoraya Pesenka Utenka
4,Pesenka O Druge
5,Cheburashka
6,Ulybka
7,Pesenka Shapoklyak
8,Pesenka O Remonte
9,Propala Sobaka
10,Chemu Uchat V Shkole
11,Dvazdhy Dva-Chetyre
12,Pesenka Mamontenka
13,Vse Mu Delim Popolam
14,Pesenka Ruzhekhvostenkoi
15,Na Svete
16,Khryushka
1,Kogda Moi Druzya So Mnoi
2,Dvazdhy Dva-Chetyre
3,Pesenka Mamontenka
4,Oblaka
5,Goluboi Vagon
6,Pesenka Shapoklyak
7,Pesenka O Tsirke
8,Propala Soboka
9,Pesenka O Druge
10,Ya Bolshe Ne Budu
11,Po Sekretu Vsemu Svetu
12,Khoroshij Tu Paren Natashka
13,Vse Mu Delim Popolam
14,Pesenka Ryzhekhvostenkoi
15,Rassvet-charodei
16,Pesenka O Remote
17,Kreiser "Avrora"
1,Pesenka Shapoklyak
2,Cheburashka
3,Pesenka Pro Papu
4,Kogda Moi Druzya So Mnoi
5,Po sekretu Vsemu Svetu
6,Podarki
7,Ya Bolshe Ne Budu
8,Igra
9,Pesenka O Remote
10,Pesenka O Tsirke
11,Pesenka Krokodile Geny
12,Pervaya Pesenka Utenka
13,Vtoraya Pesenka Utenka
14,Khoroshkij Tu Paren Natasha
15,Chem Uchat V Shkole
16,Vmeste Veselo Shagat
 これ一枚でシャインスキーの代表曲が一通り楽しめる究極のベスト盤。“ワニのゲーニャの歌”#1や“チェブラーシカ”#13など、チェブラーシカ・ファンにもお馴染みのキュートでノスタルジックで切ないメロディの数々がたまりません。個人的にはピオネールの少年少女合唱団による透明感のある美しいコーラスと、涙が出るほどに哀しくて愛らしいメロディがキュンと胸を締めつける珠玉の名曲#2と#6が絶対にオススメ。全ての子供と、かつて子供だった人々に是非ともオススメしたい1枚です。  よりマニアックにシャインスキーの世界を知りたいというファンのための作品集第1弾。ここでは“チェブラーシカ”シリーズで使用された楽曲が網羅されています。シャパクリャクばあさんの歌#7なんか最高に面白いですねー。声優さんのウヒャヒャヒャって笑い声が実にキュートです。その他、みんなが大好きな“ワニのゲーニャの歌”#1から“チェブラーシカ”#5、“学校で勉強すること”#11、“2×1は4”#11など、可愛くてユーモラスで、ちょっとセンチメンタルな楽曲が満載です。  第1弾と一部楽曲が被ってるといういい加減さが、いかにもロシア的なシリーズ第2弾。別バージョンなのかと思ったら、しっかり同じでした(笑)。今回はチェブラーシカ以外のアニメで使用された楽曲も含んでいるというところがミソですね。ちなみに、#13でボーカルを取っているのはロシア音楽界の女王アラ・プガチョワ。当時はまだ駆け出しで無名だったプガチョワですが、シャインスキーの好みの歌手ではなかったとのこと。  こちらも正々堂々(?)と楽曲が被りまくりの第3弾。しかし、ここにしか収録されていない“ゲーム”#8がとても素敵な曲なんですよ。マーチ風のリズムに清々しい少年少女のコーラス、そして幼い少年のセンチメンタルで可愛らしい歌声が絡む佳作。これ1曲のためだけに購入する価値あり。まったくあこぎな商売しとります(笑)。まあ、ロシアのシリーズ物CDを購入する際には、この手のずる賢さは覚悟しないとなりません。

戻る