ジャンニ・フェリオ Gianni Ferrio

 

GIANNI_FERRIO.JPG

 

 マカロニ・ウェスタンやジャッロ(猟奇サスペンス)などの映画音楽家として、そしてダリダとアラン・ドロンのデュエットでも有名な大ヒット曲“Parole, Parole(愛の囁き)”のソングライターとして有名なジャンニ・フェリオ。モリコーネやトロヴァヨーリ、ピッチョーニなどの大御所に比べると知名度の低さは否めないし、これっ!という決定的な代表作にも恵まれてるとは言い難いが、カンツォーネ畑出身の作曲家らしい優れたメロディ・メーカーである。
 1924年11月15日、イタリアはヴィンチェンザの生まれ。パドヴァ大学の薬学部に学ぶ傍らで、バイオリンや作曲、オーケストラ指揮などの勉強もしていたという。卒業後に音楽の道へ進むことを選んだフェリオは、当時イタリアで人気のあった歌手テディ・レノに才能を認められて53年にプロの作曲家としてデビュー。ジョニー・ドレッリやカテリーナ・ヴァレンテ、ミーナ、オルネッラ・ヴァノーニ、ミルヴァといったトップ歌手のために数多くの楽曲を書くようになった。特にミーナとのコラボレーションは有名で、作曲家としてだけではなくアレンジャーや指揮者としても彼女のレコーディングに携わっている。
 映画音楽を手がけるようになったのは1958年頃から。当初はコメディ映画や青春映画などの仕事が多かったが、やがてマカロニ・ウェスタンの作曲家として頭角を現すようになる。中でも、哀愁たっぷりのドラマチックなメロディが印象的だった『荒野の1ドル銀貨』(65年)は、マカロニ・ファンの間でも圧倒的に人気の高い作品だ。
 マカロニ人気が徐々に下火になってくると、今度はジャッロやポリス・アクション、ソフト・ポルノなどへと裾野を広げていったフェリオ。アラン・ドロン主演の『ビッグ・ガン』(72年)ではレア・グルーヴ炸裂のファンキーでクールなスコアを披露し、ルチアーノ・エルコーリ監督のジャッロ『ストリッパー殺人事件』(73年)ではモリコーネ顔負けの官能的でスリリングなイージー・リスニング・サウンドを展開。また、オーストリア合作のセックス・コメディ“I dolci vizi della casta Susanna”(67年)のメロウでロマンティックなテーマ曲や、エリカ・ブラン主演のソフト・ポルノ“Io Emanuelle”(69年)のドリーミーで官能的なスコアも秀逸だった。
 90年代半ばまで精力的に作曲活動を行っていたフェリオだが、そのフィルモグラフィーの大半が低予算のB級映画だった事実は否定できない。ただ、その才能はモリコーネやトロヴァヨーリと比べても遜色はなかったと思うし、実際に素晴らしいスコアを数多く残している。特にメロディ作りのセンスは一級品。さすがはカンツォーネの出身といったところだろう。イタリア映画音楽初心者にも自信を持ってオススメできるコンポーザーだと思う。

 

TRIPLE_SOUNDTRACK.JPG LA_MORTE_RISALE.JPG AMICO_STAMMI_LONTANO.JPG LA_CALANDRIA.JPG

Un dollaro bucato (1965)/
荒野の1ドル銀貨
Sentenza di morte (1967)
Vivi o preferibilmente morti (1969)/荒野の大活劇

La morte risale a ieri sera (1970)

Amico, stammi locanto almento un palmo... (1972)

La calandria (1972)
Il maschio ruspante (1973)

(P)1999 CAM S.r.l. (Italy) (P)2005 Digitmovies (Italy) (P)2004 Digitmovies (Italy) (P)2006 Saimel Ediciones (Spain)
Un dollaro vucato
1,A man...a story (instrumental version) ビデオ
2,Pistoleros in agguato
3,A man...a story (instrumental version)
4,Pistolero in agguato
5,Pianino relax
6,Give Me Back (instrumental version)
7,Give Me Back (sung by Lydia MacDonald)
8,A man...a story (instrumental version)
9,Quando eravamo nel Sud
10,Il guado
11,Rivelazione finale
Sentenza di morte
12,The last game (sung by Nevil Cameron)
13,Hot Mexico
14,Midnight Game
15,The last game at noon
16,The first and the last game
17,Guitar game
18,The last game (sung by Nevil Cameron)
Vivo o preferibilmente morti
19,Monty and Ted (sung by John Ireson)
20,Little mountain stream waltz
21,Monty and Ted : riding towards the sunset
22,...December 24th...
23,Two peaceful brothers
24,Monty and Ted:here's a man driving fast
25,Let's keep our fingers crossed
26,Who will save these two innocent men?
27,Better like this than dead
28,Falling in love with a pretty girl
29,Monty and Ted:gallop full out cross the plain
30,Yes, Sir (sung by Lilian Terry)
31,Monty and Ted:in a sentimental mood
32,Young man, go west
33,Two not so peaceful brothers
34,Monty and Ted:working hard
35,Monty and Ted:now they're buddies forever

1,I giorni che ci appartengono
2,Livia
3,Il numero non risponde
4,Milano rhythm and blues ビデオ
5,Brughiera
6,"Il "duro" scappa
7,L'inchiesta
8,Morte di Salvatore
9,Incompatibilita
10,Un giorno, ieri
11,Donatella
12,Stadio vuoto
13,Passeggiata in tre
14,La chiave del mistero
15,Ricordi (solo organ)
16,L'ultimo sabato
bonus tracks
17,I giorno che ci appartengono
  (original main title-vocal version)
18,Incompatibilita (vocal version)

#17&19 sung by Mina

1,Let It Rain, Let It Pour
  (La ballata di Ben and Charlie) *
2,El compadrito
3,Come tanto tempo fa...
4,Dixieband
5,Un passaggio per Red Rock
6,Preludio e azione
7,Y con uno, dos y tres
8,Tema e percussioni
9,Ostinato patetico
10,Sensazioni
11,Ridendo e scherzando...
12,Addio, Sarah
13,Un accordo mancato
14,Il mangiatore di fuoco
15,Guitarreando
16,I magnifici sei
17,Gli ultimi due
18,Controluce
bonus tracks
19,Preludio e azione (#2)
20,Un passaggio per Red Rock (#2)
21,Ridendo e scherzando... (#2)
22,Un accordio mancato (#2)
23,Ridendo e scherzando... (#3)

* sung by Stefan Grossman
La calandria
1,Barocco a quattro voci
2,Fulvia la dolce
3,Calandrio
4,Barocco-Beat
5,Piccolo mistero a palazzo
6,Fulvia la dolce (#2)
7,Aurora la cortigiana
8,Con troppo amore
9,Una cosa seria
10,Dramma e melodramma
11,Con tanto amore
12,Amare stanca
13,Lezione di ballo
14,Piccoli giochi amorosi
15,L'anello miracoloso
16,Barocco sexy
17,Metamorfosi per messer lindo
Il maschio ruspante
18,Ballata burina *
19,Romolo, il ruspante
20,Una dichiarazione d'amore
21,La giostra in fiera
22,Una delusione d'amore
23,Ringo, amore...e gelosia
24,Una breve storia d'amore
25,Quando eravamo piccoli
26,Sexy-Sax
27,Romolo e rema, teneramente
28,Il tutto fare
29,Voi siete un fiore *
30,Sentimentalmente legati
31,Ballata burina (instrumental)

#18 voice by Giuliano Gemma
#29 sung by Giuliano Gemma
 ジャンニ・フェリオの手掛けたマカロニ・ウェスタン3作品のカップリング盤。やはり一番の聴きモノは『荒野の1ドル銀貨』でしょう。哀愁溢れるドラマチックなテーマ曲#1は何度聴いても絶品。アレッサンドローニの口笛が男泣きの切なさです。2本目は日本未公開作で、#12の主題歌こそ地味な印象を受けますが、以下のスコアはなかなかの出来栄え。中でも#13の情熱的なラテン・ギターはシビれます。一方、コミカル・タッチな『荒野の大活劇』は個人的にあまり好みじゃないかもしれません。  ドゥッチョ・テッサリ監督、ラフ・ヴァローネ主演による日本未公開ジャッロのサントラ盤。まずは重厚でもの哀しいテーマ曲#1が印象的ですね。さらに、#2はバロック風のキャッチーなメロディが印象的なポップ・チューン。#4では渡辺宙明や大野雄二を彷彿とさせるファンキーでゴージャスなジャズ・ファンクを披露。また、サイケなハモンド・オルガンが炸裂するジャンプ・ナンバー#9も最高にクール。そして初ソフト化の#17と#18では、なんとカンツォーネの女王ミーナの歌声を聴くことができます!  ミケーレ・ルーポ監督、ジュリアーノ・ジェンマ&ジョージ・イーストマン主演の日本未公開マカロニ・ウェスタン。『荒野の大活劇』の続編的なバディ物みたいですね。アメリカン・ニューシネマを意識したような主題歌#1はあまり好みじゃありませんが、それ以外のスコアはとても充実した出来栄え。中でも、ホセ・フェリチアーノを彷彿とさせる爽やか&メロウなラテン風ナンバー#2はお気に入り。主題歌をモリコーネ風のドラマチックで叙情的なインスト・ナンバーにアレンジした#5と#20も良いです。  フェリオの手掛けたセックス・コメディ2本をカップリングした1枚。まず、バーバラ・ブーシェ主演の1作目が大傑作!中世を舞台にしているということで、バロック調のメロディとアレンジなんですが、そこにグルーヴィーな70'sポップ・サウンドを絡めて、実にキャッチーでキュートでダンサンブルなスコアを聴かせてくれます。これは文句なしにオススメ。一転してバーバラ・バック主演の2本目はメロウ&ロマンティック。いかにもイタリア映画らしいセンチメンタルで美しいメロディが絶品です。

TONY_ARZENTA.JPG LA_MORTE_ACCAREZZA.JPG UNA_FARFALLA.JPG LUOMO_SENZA_MEMORIA.JPG

Tony Arzenta/Big Guns (1973)
ビッグ・ガン

La morte accarezza a mezzanotte (1973)
ストリッパー殺人事件

Una farfalla con le ali insanguinate (1973)

L'uomo senza memoria (1974)
殺人迷路

(P)1999 Right Tempo (Italy) (P)1998 Right Tempo (Italy) (P)1998 Right Tempo (Italy) (P)2007 Digitmovies/DGM (Italy)
1,L'appuntamento *
2,Un giorno in piu'
3,La gabbia
4,Un giorno in piu'-ritorno
5,Morning Blues
6,Finale barocco (alt)
7,Un giorno in piu'-un uomo solo
8,La gabbia-sequenza
9,Un giorno in piu'-l'ultima volta
10,Labirinto
11,La gabbia-arrivo in citta'
12,Un giorno in piu'-amore
13,Quando mi dici cosi'
14,La gabbia (alt)
15,Ipotesi-un giorno piu' ビデオ
16,Finale barocco (alt)
17,Un giorno piu' (alt)
18,Un giorno in piu'-nebbie
19,Morning Blues (alt)
20,Finale barocco
21,Un giorno in piu'-il passato

* sung by Ornella Vanoni
1,Valentina (controluce) * ビデオ
2,Valentina (ritratto di una ragazza)
3,La morte accarezza a mezzanotte (valentina)
4,Valentina (idee confuse)
5,Valentina (tra la folla) ビデオ
6,Valentina (un po' di tenerezza)
7,Il viaggio
8,Amanda Blues
9,Amanda Blues (take 2)
10,Nel giardino abbandonato
11,L'appartamento vuoto
12,Ira rhythm and blues
13,Cambi di umore (valentina)
14,Valentina (una ragazza inquieta)
15,Oliver rhythm and blues
16,Amanda Blues (take 3)
17,Per arrivare a domani

* sung by Mina
1,Soliloquio
2,Concerto Blues
3,Crescendo ostinato
4,La fuga
5,Soliloquio (la condanna)
6,Inutile
7,Concerto Blues (indagine)
8,Soliloquio (ricordi)
9,Soliloquio (incontro con Sarah)
10,Concerto Blues (paura)
11,Sarah
12,Soliloquio (nel parco)
13,Preludio per un incontro
14,Pericolo
15,Soliloquio (epilogo)
16,Soliloquio (original film version)
17,Concerto Blues (extended take)
1,Labyrinthus (Titoli) *
2,L'uomo senza memoria (#2)
3,L'uomo senza memoria (#3)
4,L'uomo senza memoria (#4)
5,L'uomo senza memoria (#5)
6,L'uomo senza memoria (#6)
7,L'uomo senza memoria (#7)
8,L'uomo senza memoria (#8)
9,L'uomo senza memoria (#9)
10,L'uomo senza memoria (#10)
11,L'uomo senza memoria (#11)
12,L'uomo senza memoria (#12)
13,L'uomo senza memoria (#13)
14,L'uomo senza memoria (#14)
15,L'uomo senza memoria (#15)
16,L'uomo senza memoria (#16)
17,L'uomo senza memoria (#18)
19,Labyrinthus (Finale)
bonus tracks
20,Labyrinthus (version singolo Lato A)
21,L'uomo senza memoria
  (#3-version singolo Lato B)
* sung by Rossella
 言わずと知れたアラン・ドロン主演の傑作ポリス・アクション。復讐に燃える一匹狼の殺し屋をドロンが演じるわけですが、彼の孤独と哀しみを叙情的に表現したテーマ曲がまず素晴らしい。ハーモニアの切ないメロディが心に染み渡ります。一方、裏テーマ曲的なジャズ・ファンク・ナンバー#3も最高!まさにレア・グルーヴ全開といったカッコ良さです。ちなみに、オルネッラ・ヴァノーニの歌う主題歌#1はこの映画のためのオリジナルではなく、ジャンニ・フェリオの作品ではありません。

 ルチアーノ・エルコーリ監督、スーザン・スコット主演による傑作ジャッロ。ジャンニ・フェリオのスコアも本編に負けず劣らずの出来栄えです。ソフト&メロウなラウンジ風のテーマ曲#1がお洒落。しかも、あのミーナがエッダばりの官能的なスキャットを聴かせてくれます。スリリングでファンキーなアシッド・ジャズ・ナンバー#3や、サイケでディスコテックなリズム&ブルース・ナンバー#8、分厚いホーン・セクションが迫力満点のファンク・ナンバー#12など、全編通して聴き応え十分。超オススメです。

 ドゥッチョ・テッサリ監督、ヘルムート・バーガー主演の日本未公開ジャッロ。甘く気だるいテーマ曲#1がミステリアスで官能的なムードを高めます。チャイコフスキーのピアノ・コンチェルトとR&Bを絡めてラウンジ風に仕上げた#2も異彩を放つ出来栄え。優雅でエレガントなランジ・ジャズ#11や、幻想的でロマンティックなアレンジが際立つ#12も秀逸。ジャッロの大家モリコーネにも全く引けを取らない、実にハイ・センスでハイ・クオリティーなサントラ盤だと思います。こちらも超オススメ!  ドゥッチョ・テッサリ監督、リュック・メレンダ&センタ・バーガー主演のジャッロ。映画そのものは意外と平凡な出来だったと記憶しておりますが、ジャンニ・フェリオのスコアはなかなかの佳作。女性歌手ロッセラによる情熱的なカンツォーネ・ナンバー#1は聴き応え十分。とてもノスタルジックで美しい楽曲です。このメイン・テーマのメロディは別トラックでも流用されていますが、これがまるっきりモリコーネという感じ。恐らくかなり意識しているんでしょう。#7のスキャット・バージョンも大好きです。

LA_POLIZIOTTA.JPG

La poliziotta (1974)

(P)2007 Digitmovies/Universal (Italy)
1,Almost Love
2,Anonima assassini
3,Almost Love (#2)
4,Crescendo trionfale
5,Il veglione
6,Step By Step
7,Almost Love (#3)
8,Il potere
9,Azucar
10,Il mongibello
11,Rhythm & Sex
12,Almost Love (#4)
bonus tracks
13,Almost Love (#5)
14,Anonima assassini (#2)
15,Almost Love (#6)
16,La poliziotta (Deguello)
17,Step By Step (alternative take)
18,Almost Love (#7)
19,Anonima assassini (#3)
20,Almost Love (#8)
 ステノ監督、マリアンジェラ・メラート主演の日本未公開ポリス・コメディ。これがまた素晴らしい出来栄えです。突き抜けるようなストリングスと爽やかなメロディ、弾けるようなポップ・ビートが実にキュートなテーマ曲#1を聴いただけでも胸がワクワク。ラテン・ジャズ風のパーカッションがまた心地よいのなんのって。#3ではエッダのエレガントなスキャットを絡め、#12ではドリーミーなバカラック風に仕上げています。他にも、トライバル・ビートも豪快なサンバ#5やソフトでお洒落なボサノバ#9など、素敵なナンバーが満載。もちろん、文句なしにオススメです。

 

戻る