すくすくBLOG TOP RSS
Angeleyes
フリーライター、なかざわひでゆきのブログです。 映画や音楽以外にも日常の中で気付いたこと、 思ったことをなどを書き連ねていきます。 ホームページと併せてよろしくです〜!

2012 - November
SunMon TueWed ThuFri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile
名前なかざわ ひでゆき
URLhttp://angeleyes.dee.cc/
年齢あれっ?
性別男性
血液型A型
星座蟹座
facebook https://www.facebook.com/hideyuki.nakazawa.71?sk=wall

Category
日記(569)

Latest Report
・2016/07/10  映画ブログ
・2014/11/30  インタビュー記事が掲載されました
・2014/07/29  ノーマンと再会
・2014/03/15  バンクーバー
・2014/03/12  春到来?

Past Report
2016年07月
2014年11月
2014年07月
2014年03月
2014年02月



京都ヒストリカ国際映画祭
あ、そうそう
あと明日の12月1日から9日まで京都にて
「京都ヒストリカ国際映画祭」という
時代劇・歴史劇にテーマを絞った映画祭が開催されるのですが
6日に上映されるロシア映画「1612」のトークショーに
特別ゲストとして私めが出演させていただきます。
関西方面に在住の方、
もしくはたまたまその日に京都にいるよという方
もちろんそうではない方も含めまして
よろしければ足をお運びください。

詳細はこちらをどうぞ

http://historica-kyoto.com/

2012/11/30 PM 11:14:06 | Comment(452) | TrackBack(0) | [日記]
テラノバ
来年の2月6日にDVD発売される
海外ドラマ「TERRA NOVA/テラノバ」の
プレスシートが完成しました。

キャッチコピー&プレス原稿を
担当させて頂いた作品です。

製作総指揮はスピルバーグ。
原始時代へタイムスリップした
とあるワケありな一家を主人公に
恐竜がいっぱい出てくる
ファミリー・アドベンチャーであります。

とにかくスケールがでかい。
最新のVFXを駆使して恐竜を蘇らせたのは
「スーパー8」や「スノーホワイト」
「ヒューゴの不思議な発明」などを手がけた
現在ハリウッドで引っ張りだこの
VFX制作会社Pixomondo。
メジャーの大作映画ばりに力入ってます。

そういえば先日ロサンゼルスで
本作の主演を務めている
俳優のジェイソン・オマラに会った際、
「テラノバ」のプレス担当したんですよー!と
思いっきりアピールしてきました(笑)。
本当に!?そりゃ素晴らしい!ありがとう!
って言ってもらいました。
まあ、別のドラマの取材だったんですけどねえ(^^;

2012/11/30 PM 11:03:19 | Comment(401) | TrackBack(0) | [日記]
J.R.ユーイング
ラリー・ハグマン死去ですか。
日本だと60年代の人気ドラマ「かわいい魔女ジニー」の旦那さん役くらいでしか知られていないかもしれませんが、海外では70年代末から80年代にかけて一大旋風を巻き起こしたプライムタイムソープ「ダラス」の石油王J.R.ユーイング役でお馴染みの大スター。
「ダラス」は今年から新シリーズが始まっていて、ラリー・ハグマンもJ.R.役で再登板していたんですよねえ。
自分はまだ最初の数エピソードしか見ていないけど、年老いて廃人状態だった彼が次第に往年の野心を取り戻し、不良息子に加勢をして策略を張り巡らせていく様子にドキドキハラハラ(笑)。
しかし、ラリー・ハグマンが亡くなって、来年1月からのシーズン2はどうなるんでしょうか。

2012/11/27 AM 09:34:09 | Comment(457) | TrackBack(0) | [日記]
餃子スープ
実家の母親から
お手製の餃子を貰ったので
それを使って
餃子スープを作ってみた。

ある意味で親子のコラボ作品。

ちょっと味付けが濃かったような
気がしないでもないのだが
美味しゅうございました。
やっぱ鶏がらスープと塩だね
餃子には。

2012/11/19 PM 08:08:24 | Comment(493) | TrackBack(0) | [日記]
帰ってきました
昨夜ロサンゼルスから戻りました。

今回はいろいろと
嬉しいことの多い取材だったのですが
実は帰国の直前にも
ホテルでちょっとしたサプライズが。

荷物をまとめてエレベーターで
ロビーへ降りようとしたところ
途中の階で数人乗り込んできたんですね。
するとその中の一人が
“ヘイ!グッドモーニング!”と
自分に声をかけてきたので
ふっと見上げてみると
なんとボディガードやスタッフに囲まれた
ドニー・ウォルバーグだったんですよ!
うおおおお〜!マヂですか!?
と興奮しながらも、
しばしドニーとプライベートな雑談を。
取材で会ったことを
ちゃんと憶えていてくれたんですね。
ボディガードのお兄さんたちも和やかなムードで。
別れ際に“気をつけて帰って!”と手を振ってくれました。
むっちゃフレンドリーで気さくな人だったです。

恐らく、現在の彼は撮影のために
ニューヨークをベースとしていることから
今回は取材を受けるためだけに
ロスへやって来たのでしょう。
なので、ジャーナリストの滞在先であるホテルに
彼も宿泊していたんだろうと思います。
取材会場となったのも同じホテルですし。

そういえば
今回の取材初日には
ホテルのロビーのソファーに座ったら
目の前に座っていたのがクリス・オドネルだった
なんてこともありました。
ハリウッド・スターに会うのは職業柄慣れているものの
予期せぬ場所で遭遇するとやはりドキドキします(笑)。

2012/11/14 PM 01:35:34 | Comment(574) | TrackBack(0) | [日記]
最終日
L.A.は日曜日の夜11時近くでございます。

取材は本日で終了。
さすがに英語オンリーの仕事現場に疲れを感じてきました(^^;
なにしろ、インターナショナルジャンケットは通訳不要・英語能力必須が参加条件ですので。
世界中から集まった選りすぐりのジャーナリストたちと取材合戦を繰り広げるわけですからねー。
まあ、友達も出来るので楽しい面も多いのだけれど。

今日のハイライトはやっぱドニー・ウォルバーグ(NKOTB)かな。
むっちゃくちゃ気さくな人でして、インタビュー終わった後の記念撮影では“いい質問をしてくれてありがとう”なんて気を使ってくれたし、帰り際にはボクの肩をポンと叩いて“じゃあね!”と声をかけてくれて。あれだけ世界中で一世を風靡した人なのに、すごく庶民的なナイスガイでした。
短時間とはいえ、ハリウッド・スターと直に雑談できるというのも、こうした取材の醍醐味だったりするんですよね。
もちろん、現場のルールを守ってという大前提のもとですけど。
現地のスタッフとも既に数年来の顔馴染みなので、そういう意味では非常にやりやすい現場ではありました。

2012/11/12 PM 03:54:22 | Comment(469) | TrackBack(0) | [日記]
ロックシュガー
ロサンゼルスは日曜日の朝です。
こちらは昨日夕飯を食べたレストラン「ロックシュガー・パンアジアン・キッチン」のエントランス。
なんだかアメリカ人のイメージするアジアを思い切りデフォルメしたような店でございました。
食事も和食あり、ベトナム料理あり、タイ料理あり、シンガポール料理ありといった感じ。
日本酒の種類がなかなか豊富でしたが、あえてオリジナル・カクテルを幾つかトライしてみました。紫蘇やコリアンダーを使ったモヒートがなかなか美味でしたよ。

2012/11/12 AM 12:06:53 | Comment(466) | TrackBack(0) | [日記]
from L.A.
またもやロサンゼルスに来ております。
こちらはまだ木曜日の夕方。
やけに肌寒いです。雨も降っているし。
昨日までは真夏の陽気だったらしいですが。
たまーにあるんですよね、ロスでもこんな日が。

さて、明日から3日間びっちりと取材が入っています。
とりあえず、明日の初日はデニス・クエイドやエリザベス・シュー、クリス・オドネル、キャリー・アン・モス、マイケル・C・ホール、マーク・ハーモン、セーラ・ウォード、マイケル・チクリスなどのインタビュー。
しっかりと予習をしていきます!

2012/11/09 AM 09:14:23 | Comment(457) | TrackBack(0) | [日記]
テレビ>映画
しかし、今回1年ぶりにロスへ行って思ったのは
すっかりテレビドラマが映画に取って代わってしまっている
ということかもしれませんね。

エンタメ雑誌や情報番組の主役は大半がテレビスターだし
現地で映画関係の仕事をされている日本人の方によると
最近はゴールデングローブ賞などの授賞式でも
映画俳優よりもテレビ俳優の方が
圧倒的に観客の声援が多いし知名度も高いとのこと。
メジャースタジオの大作映画はもう完全にアトラクション化してしまい
観客は俳優よりもCGや3D、ロボットなどを目当てに劇場へ行く状態。
名前で観客を呼べるスターは激減してしまいました。
ジェシカ・ラングやダスティン・ホフマン
シガニー・ウィーヴァーにデニス・クエイド
ケイト・ハドソンにクレア・デインズなどなど
実力のある俳優はみんなテレビへ活動の場を移しつつありますしね。

しかし、このテレビドラマ黄金期によって一番打撃を受けているのは
実はインディペンデント系のアート映画なのだそうです。
タブーへの挑戦や社会的メッセージ、
奥の深い人間ドラマや芸術的な映像表現など
もともとインディペンデント映画が得意としていたことを
今はテレビドラマが積極的にやっているからなんですね。
しかもケーブル系ドラマの圧倒的なクオリティは
そんじょそこらのアート映画よりも遥かに見応えがある。
わざわざ映画館へ行く理由がなくなってしまうわけです。

映画が“フィルム”でなくなってしまったことを含め、
改めて時代が変わったという印象を受けました。

2012/11/04 AM 03:38:37 | Comment(418) | TrackBack(0) | [日記]
帰国
とりあえずロスから戻ってきました。
いつもながら長かったような
短かったような。

最終日はフォックススタジオを見学。
パラマウントは毎年行っているし
ユニバーサルも何度か行ったけど
フォックスは今回が初めてでした。

BONESのジェファーソニアン研究所のセットに大興奮。
衣装部の倉庫では「タイタニック」や「プロメテウス」「海の征服者」「紳士は金髪がお好き」など
古今の名画コスチュームを見せてもらいました。
ていうか、あの倉庫の広さは圧倒的。
あと、「シンプソンズ」の制作現場や
「ポセイドン・アドベンチャー」の豪華客船外観に使われた建物、
シャーリー・テンプルが勉強をするために使っていた母屋
なんかも見せてもらったしね。
海外ドラマファンおよび映画ファンにとっては
まさに夢のような半日でした。

ただ、普段は見学者を入れていないので
写真撮影は許可を得た場所だけ。
しかもブログやFacebookでアップしていいのは
スタジオの外観だけという約束だったので
残念ながらこの写真くらいしか
お見せすることができません(^^;
まあ、パラマウントスタジオも同じでして
「アメリカン・ホラー・ストーリー」シーズン2の精神病院や
「Glee」シーズン4のNYADAのセットなども撮影させて貰いましたが
当然のことながら使用目的が制限されております。
いずれ雑誌でご紹介することになりますので
しばしお待ちいただければと思います。
スー先生のデスクで記念写真も撮ったんですけどね(笑)。


2012/11/04 PM 09:11:41 | Comment(380) | TrackBack(0) | [日記]
待ちくたびれ
ロサンゼルスは朝の8時過ぎです。

昨日はパラマウント撮影所での長時間取材。
結局11時間近く働いたのですが、その大半が待ち時間。
さすがに疲れきってしまいました。

浮かない顔をしていたせいなのかどうかは分かりませんが
「Glee」のマシュー・モリソンに思いっきりからかわれてしまい
慌てるやら恥ずかしいやら(笑)。
油断もすきもあったもんじゃねえやと思いましたです(^^;
絶対に面白がっていたはず、あの人(-_-)

2012/11/01 AM 12:21:25 | Comment(563) | TrackBack(0) | [日記]


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.