すくすくBLOG TOP RSS
Angeleyes
フリーライター、なかざわひでゆきのブログです。 映画や音楽以外にも日常の中で気付いたこと、 思ったことをなどを書き連ねていきます。 ホームページと併せてよろしくです〜!

2012 - May
SunMon TueWed ThuFri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Profile
名前なかざわ ひでゆき
URLhttp://angeleyes.dee.cc/
年齢あれっ?
性別男性
血液型A型
星座蟹座
facebook https://www.facebook.com/hideyuki.nakazawa.71?sk=wall

Category
日記(569)

Latest Report
・2016/07/10  映画ブログ
・2014/11/30  インタビュー記事が掲載されました
・2014/07/29  ノーマンと再会
・2014/03/15  バンクーバー
・2014/03/12  春到来?

Past Report
2016年07月
2014年11月
2014年07月
2014年03月
2014年02月



Pier Angeli
買っちゃいました。
「究極の美女ジャケ」として名高い
女優ピア・アンジェリ唯一のアルバム。

これがね〜
なかなか良かった。
50年代以前のボーカルものって
結構もっさりした感じのものが多いから
あまり食指が動かないのだけれど。

基本はジャズではなくてカンツォーネ。
当時ハリウッドを拠点にしていた彼女が
母国イタリアの名曲を歌うという企画ですね。
ゴージャスでラブリーなオーケストラ・アレンジに
襟を正したくなるくらい伸びやかで情感豊かで
でも全くもって嫌味のない
ピア・アンジェリのボーカルがなんとも心地良い。
とても上手いですよ、彼女。
特に日本でも有名な「Volare」のドリーミーさは
思わずウットリしてしまうほど。

これはオススメです。

2012/05/25 PM 11:00:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]
R.I.P. Donna Summer
ホイットニーの死よりも衝撃デカしです。
ドナ・サマーの死去。
ガンを患っていたとは知らなかった。

彼女を初めて知ったのは
恐らく“I Feel Love”の頃。
Hot StuffやLast Danceも大好きだった。
バーブラとデュエットした
“No More Tears”はドナの方が上手いと思った。
She Works Hard For The MoneyやSupernatural Love、
This Time I Know It's For Realなんかも
12インチが擦り切れるぐらい聴いたもんだった。
もちろんディスコでも踊りましたよ。
I Feel LoveはPatrick Cowleyのリミックスが最高だったね。

ああ、まだ信じられない。

2012/05/19 PM 06:43:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
やっちゃったー!
今日は久々にWOWOWの生放送でした。

いやあ、やっちゃいましたよ。
あやうくセットのテーブルをひっくり返すところだった(笑)
肘を付いて全体重かけちゃったもんだから(^^;
大事に至らなくてよかったけど。
またく油断は禁物です(-_-)

次回からは気をつけます、はい(^^;

2012/05/17 PM 10:51:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
THE VISITORS
そういえばGW前に届いていました。
ABBAのアルバムTHE VISITORSの
デラックス・エディション。
日本盤はSHMCD仕様でも出るらしいですが
早く聴きたいので輸入盤を購入しました。

とりあえず目玉は
マドンナのカバーした
(正式リリースはされなかったですが)
名曲Like An Angel Passing Through My Roomの
複数存在するデモテープを
古い順にメドレー形式で繋げていった
From A Twinkling Star To A Passing Angel。
彼らがひとつの楽曲を完成させるまで
どのように試行錯誤を重ねていったのか
どれだけアイディアを費やしていったのかが
よ〜く分かる内容となっています。
ある時は子守り唄風だったり
ある時はハイエナジー・ディスコだったり
アレンジだけでなく細部のメロディや歌詞も変わっていく。
とても興味深く聴くことができましたね。

で、特典DVDの内容はというと
とりあえずテレビ・ライブはこれといって新発見なし。
なにしろ当時のテレビは口パクが基本だったので
パフォーマンスはレコードと一緒です。
ただ、地元スウェーデンで出演したトーク番組の
インタビュー内容がなかなか面白いんですよね。
それぞれの離婚のことだったりとか
当時飛び交っていた解散説だったりとか
司会者は見ているこっちがドキッとするくらい
直球で質問を投げていくんですね。
でも、それに余裕で答えていくんですよ、彼らも。
すごくリラックスしている雰囲気が伝わってくる。
男性陣が早々に再婚したことについても
フリーダとアグネッタは
“男は女と違って寂しがりだから独りが我慢できないのよ”
って笑顔でサラッと言ってのけている。
なんか二人が同志のような間柄になっている感じなんですよ。
この映像はこれまで見たことがなかったので
なかなか新鮮かつ嬉しい驚きでした。

2012/05/14 AM 12:00:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | [日記]
ダーク・シャドウ
仕事がバタついていたこともあり
すっかりブログをご無沙汰してました。

そうそう、
今週末から劇場公開される
ティム・バートン監督の最新作「ダーク・シャドウ」ですが
その劇場用プログラムに
3ページ分のコラムを寄稿しております。
テレビ版の魅力についても詳しく触れていますので
ぜひぜひ読んでみてください!

ひとまず宣伝でござんした(^^;

2012/05/14 PM 11:42:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
戸隠
昨日まで長野県の
戸隠神社へ行っておりました。

さすが御利益のある
パワースポットだけあって、
お参りするのも一苦労(笑)。
特に御本社である奥社への道のりは
なかなか険しいものがありました。
正門からの距離は約2キロメートル。
途中までは雪解けのせいで
もともと舗装されていない山道が
ぬかるみだらけの状態。
しかも途中からは雪道になっておりまして
さらに先へ進むと結構な急斜面。
登山靴でなければちょっとキツい。
あちこちで足元を滑らせて
転倒してしまう参拝客の悲鳴が(笑)。
そこかしこに岩場もあるので
転がる場所によっては怪我をしてしまいます。
特に坂を下る帰り道はハラハラしました。
次に立ち寄った宝光社も
270段以上ある階段を登らねばならず。
おかげで下半身の筋肉痛が抜けません(^^;

でも、日本の豊かで雄大な自然を満喫することが出来たし
普段なかなか触れる機会のない
日本古来の伝統文化を肌で感じることができたわけだから
やはり行って良かったと思いましたね。

2012/05/01 PM 11:59:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.