すくすくBLOG TOP RSS
Angeleyes
フリーライター、なかざわひでゆきのブログです。 映画や音楽以外にも日常の中で気付いたこと、 思ったことをなどを書き連ねていきます。 ホームページと併せてよろしくです〜!

2010 - June
SunMon TueWed ThuFri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Profile
名前なかざわ ひでゆき
URLhttp://angeleyes.dee.cc/
年齢あれっ?
性別男性
血液型A型
星座蟹座
facebook https://www.facebook.com/hideyuki.nakazawa.71?sk=wall

Category
日記(569)

Latest Report
・2016/07/10  映画ブログ
・2014/11/30  インタビュー記事が掲載されました
・2014/07/29  ノーマンと再会
・2014/03/15  バンクーバー
・2014/03/12  春到来?

Past Report
2016年07月
2014年11月
2014年07月
2014年03月
2014年02月



ちょっとだけ
いきなりですが
明日から取材でカナダへと参ります!

アメリカの某新作ドラマの
セット・ビジット&キャスト・インタビューということで、
場所はノバスコシア州の
ハリファックスから車で2時間ほど行った
ルーネンバーグという港町。
まるで御伽噺の中から出てきたような街並みが有名で
世界遺産にも登録されているとのことですが
現地の天気予報によると
滞在中は最高気温が15〜6度とのこと。
蒸し暑い日本とは大違いですよ。

月末には早々と帰ってきちゃうんですけど
ひとまず行ってきます〜!

2010/06/25 AM 12:51:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]
supernatural
気がついたら
アクセス数が10万件を達成してました。
なんだか
ようやく大人になれた気分です(笑)
エヘ♪

そういえば
ご報告を忘れておりましたが
海外ドラマ『スーパーナチュラル』の
新しいプロモーション・サイトに執筆しております。
良かったらご覧下さいまし。

http://www.tvgroove.com/powerpush/supernatural/

2010/06/21 AM 12:00:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]
ABBAWORLD in AUSTRALIA
6月19日に
オーストラリアのメルボルンでオープンした
アバの移動型ミュージアムABBAWORLDですが
その開催を祝うプロモーション用ビデオが作られ
アグネッタとベニーの二人がメッセージを述べています。

ビデオそのものはとても短いものの
アグネッタの動く姿を
久々に見ることができるのは嬉しいですね。
しかもえらくご機嫌な様子だし(笑)
You Tubeのリンクを貼っておきますので
まだ未見の方は是非!

http://www.youtube.com/watch?v=sw-yqIkgJbI

2010/06/20 AM 07:07:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]
シャフナザーロフ
相変わらず蒸し暑い日が続いておりますが
みなさまいかがお過ごしでございましょうか?

招待券をもらったということもあって
この週末は連日
「カレン・シャフナザーロフ監督作品映画祭」へ
足を運んでおりました。
シャフナザーロフは
80年代以降のロシア映画を代表する巨匠で
98年「モスフィルム」の社長に就任し、
由緒ある名門スタジオを
経済的危機から救った功労者。

今回は
最新作『六号室』と
『ジャズメン』『失われた帝国』
『クリエール/メッセンジャー・ボーイ』『蒼ざめた馬』
の計5本の上映だったのですが
『ジャズメン』と『失われた帝国』は
見たことがあったので
それ以外の3本を見てきました。

チェーホフ原作の『六号室』は
寝不足でフラフラだったということもあってか
難解すぎてぜ〜んぜん理解出来なかったのですが
『クリエール/メッセンジャー・ボーイ』と
『蒼ざめた馬』はむちゃくちゃ面白かった。
特にペレストロイカ以降のソビエトにおける
若い世代と旧世代のジェネレーション・ギャップを
毒っ気のあるシュールなユーモアを交えて描いた
『クリエール/メッセンジャー・ボーイ』は
時代の過渡期に親の世代へ反発しながらも
夢や目標を見出せずにフラフラする若者の心情を
すごく独創的なキャラクター造形によって捉えていて
それはそれは新鮮な面白さでありました。
ロシア人の日本好きが
随所に散りばめられているのも興味深かったしね。
モスクワ大学の学生たちが集まって
千葉真一の空手映画を鑑賞するシーンなんか
思わずニンマリしてしまいましたよ。

一方の『蒼ざめた馬』は
帝政ロシア末期の社会革命党による革命テロを題材に、
本来の大義名分というものを見失って
テロという行為そのものに没頭していく人間心理の
怖さと哀れを非情なタッチで描いた壮麗な歴史ドラマ。
当時のロシアの世紀末的退廃ムードや
革命という名の権力闘争をシニカルに捉えた人間ドラマが
とても見応えありました。
しかも、主演は個人的にも大好きな名優アンドレイ・パニン。
この人のインテリジェントでセンシティブな悪人面はたまりません。

2010/06/19 AM 06:51:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
関東も梅雨入りですか。
この時期って
子供の頃は大好きだったんですが
大人になると
なかなか洗濯ができないとか
家の中がジメジメして気持ち悪いとか
空を見上げると気が滅入るとか(笑)
いろいろと余計なものがくっついてきて
素直に季節を楽しめなくなるもんですね。

ちなみに
『雨』といえばSadie Thompson。
自分はジョーン・クロフォード版よりも
グロリア・スワンソンのゲスな感じが好きですね。

2010/06/14 PM 11:22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
HMV
HMV渋谷店が閉店ですと。
オープン当初は結構通ってたけど
あれから20年が経つんですね。
早いよな〜。
しかし
音楽配信によるCD不況が
原因とか言われているけど
そればかりではないと思いますけどね。
だって、行っても買いたいCDがないんだもん。
昔はタワレコとHMVを
ハシゴしたりもしたけど
ある時期からタワレコは行っても
HMVには殆んど行かなくなった。
なぜなら
置いてある商品がもの凄く薄くなったから。
自分の周りの音楽好きもみんなそう。
HMVはつまらないというのが定説になった。
稀にいいものが置いてあっても
タワレコより遥かに値段が高い。
本当にごく稀にだけどね。

音楽にこだわりのある人間なら
それが価値のあるものだと分れば
CDだろうとアナログだろうと
そこそこのお金は出すもんだけど
そういうお客を切り捨てたんだよね。
だから閉店しても当たり前としか思えない。
いや
逆によく今まで持ったよね
と思ってしまうわけです。

2010/06/10 PM 11:22:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | [日記]
PROFONDO ROSSO 続報
以前にも書き込みした
「サスペリア PART 2」の3Dリメイクですが
やっぱりジョージ・A・ロメロが監督をする
という方向で
プロジェクトが動いているようですね。
ただ、ロメロ自身も
“いったい誰がリークしたんだ!?”
“まだ話すには時期尚早だよ”
とコメントしているように
実現するとすれば
ちょっと先のことになりそうな気配です。

ちなみに
個人的に注目したい今後のホラー・リメイク作品は

まず
「発情アニマル」。
ご存知スプラッター全開のレイプ復讐劇です。
リメイク版は
サイファイ・チャンネルの
クリーチャー・ホラーでお馴染みの
スティーブン・R・モンローが監督を手掛けており
今年の9月に全米公開が決定しております。

あと以前にもブログで書いた
「遊星からの物体X」。
テレビ「LOST」のミスター・エコーが加わって
撮影は順調に進んでいる模様です。
ジョン・カーペンター作品は他にも
「ゼイ・リブ」や「ニューヨーク1997」も
リメイクが進行しているみたいですね。

そして
依然として情報があまり入ってこない
「サスペリア」のリメイク。
一時はナタリー・ポートマンが主演…
なんて噂も流れましたが
いまだキャストも明らかになっておりませぬ。
ちゃんと完成するのでしょうかね〜?
個人的にはリメイクよりも
「スターウォーズ」特別篇みたいな
アップデート・バージョンで
見てみたいような気がしますけど。
傑作のリメイクというのは
やっぱリスクが大きいですもん。

2010/06/06 PM 05:36:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
入手!
本日は立て続けの書き込み♪

いやいや
待ちに待った
アバの『VOULEZ VOUS』
デラックス・エディションが
手元に届いたんですよ。

CDの音質は
これまでのデジタル・リマスター盤と
さほど変わりません。
以前にも書き込みしたように
未発表曲Dream Worldが
フル・バージョンで収録されている
ということ以外は
特筆すべき点はないかと思います。

やっぱり特典DVDですよ。
一番のセールス・ポイントは。
ただ
目玉のテレビ特番“ABBA IN SWITZERLAND”が
完全なフル・バージョンではなかったのは
ちょっと残念。
アバの出演パートは全て収録されているのですが
ゲストのケイト・ブッシュとロキシー・ミュージックの
出演パートがそっくり削除されているんですね。
著作権上の問題などもあったのでしょうが
できればフルで見たかったな〜。
あと
ビヨルンとベニーの二人が出演した
イギリスのトーク番組が面白かった。
視聴者の電話インタビューに応えるという
シーンがあるんですけど
彼らの素朴な人柄を感じることが出来て
とても興味深かったです。

トータル収録時間約81分というのはちょっと物足りないし
他にも映像ソースがいろいろとあったんじゃない!?
なんて思ったりもしますが
ひとまずは楽しませて頂きました。

2010/06/02 PM 09:20:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | [日記]
逃げた鳩
辞めちゃいましたか
鳩山さん。
早いっつーの。
別に今辞める必要もないのにね。
選挙対策なのはミエミエですけど。
でもさ〜
政権交代しても
そのトップがコロコロと代わるようじゃ
総理大臣という役職の重みが全くないし
何よりも日本という国の信用がなくなるわな。
マスコミも良くないですよね。
支持率・支持率って煽りまくるの。
政治家ってのは人気商売なのか?って思います。
もちろん
それに加担してしまう国民も悪いけどね。
堪え性がないというか。
そんな一朝一夕で世の中良くなるんだったら
とっくの昔になんとかなっているって。
いずれにせよ
次の総理は菅さんというのが妥当なんでしょうけど
ショック療法的に小沢さんってのも
自分的にはアリなんだけどな〜(笑)
まあ、相変わらず裏で暗躍するんでしょうけど。
少なくとも
クリーンだとか好感度だとかいった
イメージ重視型の総理大臣は
今の日本には必要ないと思います。
やることさえやってくれれば
いくら汚れまくっていても結構。

2010/06/02 PM 08:56:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.