すくすくBLOG TOP RSS
Angeleyes
フリーライター、なかざわひでゆきのブログです。 映画や音楽以外にも日常の中で気付いたこと、 思ったことをなどを書き連ねていきます。 ホームページと併せてよろしくです〜!

2008 - May
SunMon TueWed ThuFri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile
名前なかざわ ひでゆき
URLhttp://angeleyes.dee.cc/
年齢あれっ?
性別男性
血液型A型
星座蟹座
facebook https://www.facebook.com/hideyuki.nakazawa.71?sk=wall

Category
日記(569)

Latest Report
・2016/07/10  映画ブログ
・2014/11/30  インタビュー記事が掲載されました
・2014/07/29  ノーマンと再会
・2014/03/15  バンクーバー
・2014/03/12  春到来?

Past Report
2016年07月
2014年11月
2014年07月
2014年03月
2014年02月



ユーロビジョン2008
なんとなく、いろいろとバタバタしておりまして、久々のブログ書き込みになっちゃいました(^^;
ま、そんなにむちゃくちゃ仕事が忙しいっつうわけじゃないんですけどね。
ちなみに、チェブラーシカのポストカード・ブックに解説などを執筆することになりました。6月末発売予定でございます。
詳細は改めてこちらでも報告させていただきますので、ご興味のある方は是非!
てか、買ってね♪

つーこって、ユーロビジョン・ソングコンテスト2008の結果が出ましたね!
Niluferさん、書き込みありがとうございます!

何と今年はロシアのディマ・ビランが優勝しちゃいましたね!
2年前のアテネ大会では惜しくも3位止まりだったから、本人もさぞかし感無量といったとこでしょう。良かった良かった。
しかも、2位はウクライナのアニ・ロラク!
今年は旧ソビエト勢が圧勝ぢゃん♪
ということは、来年のユーロビジョンはモスクワで開かれるわけだ!
うわ、行きて〜!!

2008/05/26 PM 11:15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
ティーバッグ
『プリズン・ブレイク』のシーズン3がいよいよDVD発売されるということで、本日はロバート・ニッパーのインタビューに行ってまいりましたよん♪
そ、シリーズ中で最強最悪の極悪人ティーバッグを演じている俳優さんです。
日本ではこの『プリズン・ブレイク』で初めて知ったという人も多いかもしれませんが、実は20年くらい前から密かにファンだったんですよ。
個人的に一番好きだったのは映画『ガス・フード・ロッジング』かな。ちょっと陰のあるミステリアスな若者役で、当時はどちらかというと2枚目路線だったんですけどね。
ヒット作に恵まれなかったために、長いこと過小評価されてきた俳優だと思います。
しかし、『プリズン・ブレイク』のシーズン1を見たときには、その変貌ぶりにビックリしましたね。もちろん役作りというのもありますけど、別人のようにふてぶてしい顔つきになっていて。
それでも、やっぱり実物はカッコ良かったですよ。一緒に行ったカメラマンさんも“カッコいいなあ〜”と思わず呟いてたし(笑)
ティーバッグ役のおかげで怖がられてしまうことが多いらしくて、現場入りした時にも“怖がらなくても大丈夫だよ。こう見えても善人なんだから”なんて冗談飛ばしてました。とても落ち着いたインテリジェントな紳士でしたね。
シーズン2ではティーバッグの人間臭い部分にもスポットが当てられてましたが、シーズン3では極悪非道な狡賢さが全開。これまで以上に凶悪なティーバッグを見ることが出来ます。
つーこって、なんか番組の宣伝みたいになっちまいましたが(笑)、これまでのシーズンの中でも多分一番ショッキングでハラハラさせられる内容になっていると思いますね。
本国ではシーズン4の放送も決定しているので、次はマイケルが来日してくれたら嬉しいな〜。

2008/05/16 PM 10:59:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]
我が家で中国論争
外は雨が降っております。
おかげで急に冷え込みましたね。
昨夜は油断してTシャツ&パンツ一丁で寝ちまったんですけど
朝起きたら寒い寒い(笑)
ま、春ってのは温度差が激しいもんです。

てなこって、本日は実家へ顔を出しに。
一足早く母の日ということで。
弟夫婦&妹も集まってお祝いして参りました。
うちの家族はみんなよく喋るんで(笑)、まあ、いろいろと話題には事欠かないんですけど、いつのまにかテーマは中国に。
チベット問題はけしからん!とかね。
うちの父親と弟は親中派。でもってワタクシと母親は反対派。
気がついたらすっかり白熱しとりました(^^;
よその国を巡って一家分断の危機ですよ(笑)
その様子を見て妹と弟のお嫁さんは苦笑い。
やっぱり日本って平和なんですかね。
って我が家が平和なのか(笑)
うちはもともと親戚も少ないし、親兄弟いつまでも仲良くいたいもんです。

2008/05/10 AM 12:03:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]
グミグミッ!
おっはよーございます!
今日で連休もおしまいですね。
みなさまはGWを満喫されましたでしょうか?
まっ、連日締め切りに追われとるワタクシにゃ関係ない話ですが(^^;
ちょうど原稿のピーク時と重なってるんですよね〜。

しかし、よく考えりゃ雑誌社の方々のほうがよっぽど大変ですよね。
だって、こっちは自宅でゴロゴロしながらでも書けるけど(実際にゴロゴロしたりはしませんが)、雑誌社の人は出勤せにゃならんですもんね。
偉いっ!
少なくとも、ワタクシには無理だな(^^;

さてさて、先日はポテトチップチョコの美味さを熱く語りましたが、今回はグミでございます。
実を申しますと、ワタクシは無類のグミ好きなんですね。
それも、ドイツとかオランダとかヨーロッパのグミ。
日本のグミはどうも地味な優等生って感じで嫌いなんですわ。
やっぱ、グミはあのカラフルな色彩とアーティフィシャルな甘味、でもって程よい酸っぱさ。
ナチュラルとは対極にある味覚こそが醍醐味ですもんね。

それに、旧ソ連時代のモスクワに育った私にとって、グミってのは西ヨーロッパ文化の象徴みたいなもんでもあるんですわ。
当時は夏休み・冬休み・春休みなど、まとまった休みがある度に西ヨーロッパ方面へ家族揃って旅行に行っていたんですが、これらの旅行には“買出し”の意味も含まれていたんですね。
当時のモスクワは物に溢れているとは言えなかったし、我々のような外国人は専用のドルショップや金券ショップで買い物ができるとはいえ、品数は限られていたし。
なので、モスクワ市内で手に入らないようなものは外国旅行の帰りにまとめ買いしたり、パリやウィーンのデパートから通販で購入したりしていたわけです。
で、子供にとって買い物の楽しみといえば、やっぱりお菓子ですわな。ヨーロッパではどこの国に行っても、お菓子コーナーの目玉はグミ・グミ・グミ!!
広い売り場に所狭しといろいろな種類のカラフルなグミが並べられている光景は、まさに西側に来たという紛れもない証だったわけです。モスクワにはなかったからな。
まあ、以前にもここのブログで書いたように、当時のロシアにも美味しいお菓子はいろいろとありましたが、いかんせん見た目が地味だし、種類が少ない。ドルショップや金券ショップで売られているお菓子にしたって、どちらかというとお土産向けなので、子供が喜ぶような代物じゃない。
なんたってガムがミントとフルーツの2種類しかない世界だったし。
そんなもんだから、西側へ旅行に行った帰りには、親におねだりして沢山グミを買ってもらったもんでした。当時は勝手に“ゴムゴム”とか命名してましたが(笑)

で、中学3年の時に日本へ帰ってきて一番残念だったのは、グミがなかったこと。当時はまだ日本に紹介されてなかったんですわ。日本でグミが発売されたのは、それからかなり後のこと。
でも、なんか違うよな〜って。やけに柔らかいし、色も味も地味だし、袋も小さいし(笑)
ようやく、ある時期からハリボーやカッチェスの輸入品が気軽に手に入るようになったけど、やっぱり種類が少ないんだよね。
ドイツじゃグミの専門店もあるのに。店内グミだらけなの。そりゃもう天国。思わず顔から笑みがこぼれるもん。2年前に行ったときは、店員のお兄さんが苦笑いするくらい大量に買い込んだし。
帰国してから連日グミばっか食ってたら、さすがに便秘したけどね(笑)

ちなみに、日本人には大不評らしいリコリスのグミ(あの黒いヤツ)ですが、ワタクシは案外と好きです。あれは慣れですな。子供の頃は“クロンボ(今じゃ禁止用語)”って呼んでて、だいたい罰ゲームに使ってましたが(^^;
でも、リコリス味ならフーセンガムが一番好きだったかもな。
あの薬っぽさが好き。
だからチェリーコークも大好き♪
アメリカ行ったらガブガブ飲みます。

Niluferさま:
ぜ〜んぜん、気になさらないで下さいまし。
同じようなこと考えてたってことですもん。
やっぱり、いろんな所へ行って、いろんな物を見て、いろんな失敗をしてこそ、学べることは沢山ありますからね。
ま、先立つものがなければどうしようもないってのも理解はできますが(^^;

2008/05/06 AM 08:56:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
ポテトチップチョコレート!
すっかりご無沙汰でございました。
仕事で見なくちゃいけない映画・DVDが大量にあって、そちらの方に時間をとられてたんですよね〜。
忙しいってのか、何てのか(^^;

うちの近所のレンタル屋ではラインナップに限界があるので、池袋のツタヤに通いっぱなし。
で、本日はその帰りがけに東武百貨店でロイズのポテトチップチョコレートとプチトリフを買ってきたのら。
東武では今、北海道の物産展をやってて、ロイズも出展してんのね。
で、このポテトチップチョコレート。
ご存知の方も多いとは思いますが、一度食べたら病みつきなんすよね〜。
なんつー美味さなんじゃ!!!!!
やっぱり、チョコの味が決め手なんだろうと思うのですが、柔らかなミルクチョコの甘味と、ポテチのほんのりとした塩味が絶妙にマッチしとるんですよね。
下手すると一度に一箱食っちゃいかねないもんな(^^;
一緒に買ったプチトリフも至福の味。今回はキルシュを選んだんですけど、お口に広がるチェリーブランデーの上品な香りに思わず“う〜ん♪”と目を閉じてため息をついてしまいましたよ。
やっぱ、一度に食ってしまうのは勿体ないわい。

はてさて、そういえば最近20代の若い人が海外旅行に行かなくなってしまったのだそうな。
時間がない、お金がない、というのが最大の理由らしいんだが、あとは形として残らないものにお金を使いたくないというのも大きな理由らしいんですわ。
要は、いずれにしても若い人の収入が激減してるってことですね。
さらには、年金問題などの影響もあってか、若い人の人生設計そのものがかなり保守化していて、お金の使い道の第一位が貯金・・・という統計まで出てるって。
しかも、競争社会よりは平等社会、終身雇用が一番!というのが、今の若い人の顕著な傾向だとのこと。
小泉さんは日本を競争社会にしようとしていたわけだけど、やっぱり弱肉強食は日本人のメンタリティーに合わないのだろうな。
だから、全くの逆効果で若者が保守化してしまったのかもしれないよね。

とはいえ、若い人が守りに入ってしまうというのも心配。
だって、若いからこそ無茶できるんだし、逆に若い時に冒険しなくていつできるんじゃ、と思うもん。
ま、わたくしゃ幾つになっても無茶ばっかりしとりますけど(笑)
それに、平凡で安全な人生を歩もうといったって、そうは問屋が卸さないってのが人生ってもんでしょ。
いつでも清水の舞台から飛び降りたるっ、てくらいの心構えを持ってないと、いざという時に潰れちゃうんじゃないかと思うんだよね。
ま、ワタクシなんぞがいちいち偉そうに説教たれることでもないんだろうけど。
とりあえず若い人にはバンバン冒険して欲しいと思うわけよ。
勿体ないもん。

2008/05/01 PM 08:03:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.