すくすくBLOG TOP RSS
Angeleyes
フリーライター、なかざわひでゆきのブログです。 映画や音楽以外にも日常の中で気付いたこと、 思ったことをなどを書き連ねていきます。 ホームページと併せてよろしくです〜!

2007 - October
SunMon TueWed ThuFri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Profile
名前なかざわ ひでゆき
URLhttp://angeleyes.dee.cc/
年齢あれっ?
性別男性
血液型A型
星座蟹座
facebook https://www.facebook.com/hideyuki.nakazawa.71?sk=wall

Category
日記(569)

Latest Report
・2016/07/10  映画ブログ
・2014/11/30  インタビュー記事が掲載されました
・2014/07/29  ノーマンと再会
・2014/03/15  バンクーバー
・2014/03/12  春到来?

Past Report
2016年07月
2014年11月
2014年07月
2014年03月
2014年02月



お買い物♪
今日は久しぶりに余裕のある日曜日。
しっかも晴天♪

ということで
歯医者に行った帰りにスーパー巡りをしました(^o^)v
寄せ鍋の具材を買おう!
あそこは肉が安いし
野菜だったらこっちだね
とかいって、すっかり主婦気分で買いまくりました。

しかし、いろいろ書いてあるじゃないですか?
群馬産、長野産、千葉産って。
なんだか食品は偽装されてて当たり前みたいな風潮になりつつあるからさ、すんごい疑り深くなっちゃうんだよね(笑)
中にはさ、アメリカ産と群馬産のブロッコリーを、同じ売り場に混在させてるスーパーがあってね、何で見分けるかといったらシール1枚だけ!!!
やろうと思えば簡単に貼りかえられるじゃん!って。
しかも、裸のブロッコリーに直貼りしてあんの。
アメリカ産158円、群馬産298円。ほぼ倍。
貼りかえちゃったらボロ儲けだもん。
まあ、別に鍋にブロッコリーは入れないんで、買うつもりはなかったんだけど、危ない危ない・・・って(^^;
まあ、逆に考えれば、アメリカ産のシールを群馬産に貼りかえてレジに持ってくって手もあるんだけど、そこのスーパーはレジのおばさんが親切だから気が引けます(笑)
ちなみに、鍋に入れる肉は鳥の首肉をいつも使ってんのね。
食感が柔らかい上に、美味しいダシが沢山出るのでお気に入り。
しかも安いし。
実家では首肉なんて食べたことなかったんだけど。
普通はあんまり食べないもんなのですかね?

で、今週見た映画のラインナップです。

「戦慄!呪われた夜」
「サイレンサー」
「怪人スワンプ・シング/影のヒーロー」
「猟奇!蝙蝠男」
「Mr. Moto's Last Warning」
「わかれ」(ジョーン・コリンズ&リチャード・バートン主演)
「ナイト・トラップ/戦慄の銃弾」
「The House on Skull Mountain」
「悪魔のワルツ」
「バンボーレ!」(ジーナ・ロロブリジーダ主演)

意外に少なかったかな(笑)

2007/10/28 PM 06:56:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]
秋ですね〜
すっかりブログをサボってました。
てか、ネタ切れだったんですもん(笑)
まあね、どうでもいい事を書き連ねるのがブログなのかもしれないので、そんな気負う必要もないのだろうけど。
いずれにせよ、今週は感情を動かされるような出来事、驚き・喜び・嘆き・怒りみたいなもんがナッシングな状態だったので、ちょっとした感情インポ状態です(笑)

なので誰か感動を下さい。
別に、怒りでもいいよ。
でもビックリするのは心臓に悪いのでご遠慮申し上げます。

って、あくまでも他人任せなのね。
でも自家発電するわけにもいかないでしょ。
一人で勝手に感動して、怒って、嘆いて、ビックリしてたら。
白くて四角い部屋の中に入れられちゃうもん。

そうそう、って急に話飛びますけど(笑)
今月創刊された「月刊TVガイド ミューズ」という雑誌にちょっとだけ海外ドラマの記事を書いてます。
女性誌なんですよね、これが。
初の女性誌。もちろん、他のライターさんは女性ばっかし。
んで、わたくし。
やった!レディースの仲間入り。

よく考えたら友達も女ばっかしだし。
飲み会だって、どうやら女子部所属だから(笑)
今月は男子抜きで女子だけで飲むから、よろしく!って。
何の迷いもなくフツ〜に。
何かおかしくて!?くらいな勢いで。
てか、女子って幾つまでが女子なんですかぁ〜(笑)
んなこと言ったら殺されますね。

ということで、女性誌のお仕事、お待ちしております(^o^)v

2007/10/27 AM 12:21:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | [日記]
東京国際映画祭
やってるらしいですね、東京国際映画祭(笑)。
って、すっかり他人事。
もうかれこれ何年行ってないだろう?
だって、年々つまんなくなってくんだもん(^^;

一番行ってたのは大学時代。わたくしの母校が日大芸術学部なもんで、当時は恩師の横川先生が実行委員を務めていらっしゃったりとか、卒論を見て頂いた登川直樹先生が審査員を務めていらっしゃったりとかして、何かと身近だったという事もあったし。
それに、何よりも当時は上映される作品やゲストに華やかさがあったので、“映画の祭典”という雰囲気がちゃんと盛り上がってたと思うんだよね。
それがだんだんと地味になって行き・・・今年なんて、テレビのワイドショー見てたら、レッドカーペットを歩くのが日本人ばっかで、国際映画祭という雰囲気では全くないんだよね〜これが。
特別招待作品も、コンペティションも、本当に地味なラインナップ。ゆうばりファンタの方がずっと派手なんじゃないの?
そういえば、かつて東京にも東京国際ファンタスティック映画祭ってのがあって、一時期それはそれは盛り上がったもんでした。入場待ちしてて、後ろ振り返ったらダリオ・アルジェントがいた!なんて事もあったけど、一番国際映画祭の雰囲気を味わえたのが東京ファンタだったと思います。
でも、やっぱり東京ファンタもだんだんと尻つぼみになって消えてしまい・・・。どうも日本は映画祭というものが定着しないように思います。市民権を得ないというか。国の取り組みも含めて、文化的な土壌に問題があるのだとは思うけど。どうしても“文化”とか“芸術”というと、一部のスノッブな方々の自己満足に終始してしまって、大衆レベルにまで浸透していないというのが本質的な問題なんだろうと思います。
その問題を一番理想的な形で解決出来る可能性があったのが、東京ファンタだったのだけど。一応、東京国際シネシティ・フェスティバルとして継続しているけど、なんかイマイチ認知度が低いのよね、これが。ラインナップも少ないし。今年だって、メインは6本だけ。あとはCM大会。でも、見たい作品が殆んどない東京国際映画祭に比べれば、こっちの6本の方が遥かに充実してるかもね。とりあえず、「デイ・ウォッチ」は見に行くわ。

ということで、先週は結構たっぷりと映画を見ました。
「スマイル〜聖夜の奇跡」
「最終絶叫計画4」
「Yongary」(韓国の怪獣映画)
「巨大猿怪獣」
「賭場荒し」(エドワード・G・ロビンソン主演)
「Black Christmas」(「暗闇にベルが鳴る」のリメイク)
「残酷スプラッターシャワー/血ぬられた頭蓋骨」
「ドラキュラの呪い」
「Count Dracula」(英BBC制作のTV映画)
「The Shadow Strikes」(「バットマン」の元ネタ)
「Bulldog Drummond\'s Revenge」(ジョン・バリモア主演)
「メラニー・グリフィスのセクシー・ジョイライド」
「Nancy Drew, Reporter」
「いちばんきれいな水」
「シムソンズ」
「TAKI 183」

2007/10/21 AM 10:37:42 | Comment(1) | TrackBack(1) | [日記]
10月も後半に突入!
今週は仕事も落ち着くかと思いきや、予想外に忙しい一週間でございました。
昨日は昨日で、夜の9時過ぎから用賀にて取材。
年末に公開される映画「スマイル〜聖夜の奇跡〜」のプロモーションで、主演の加藤ローサさんにお話を聞いて来ました。
いや、むっちゃくちゃ顔小さかった(笑)!!
落ち着いた聡明な女の子という感じで、非常に的確なコメントをして下さるんでとても助かりました。
でも、夜遅い時間の取材ってのは初めてだったな〜。金曜日の夜という事もあって、帰りの電車は大混雑でございました。

来週明けからは、共同通信さんの映画女優名鑑も本格的に始動するので、年末にかけてはいろいろと忙しくなるかもしれないっす〜!有り難や〜有り難や〜(笑)

2007/10/20 PM 01:52:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
あと一息〜!
ようやく、原稿もあとちょっと。あと一息。もうちょっとなのら〜!!!!!

なんか、今月は殆んどの原稿、中一日とか二日とかで仕上げてるような気が・・・(笑)
でもいいや、なんか美味しいもの食べさせてくれるっていうし♪
早くて便利だから、ってことでお仕事頂くのも、それはそれでオーケーだもんね(^0^)v
それに、基本的に追い詰められると燃えるタイプなので、結構頑張っちゃいました。
まあ、追い詰められないと本気出さないという説もありますけど(^^;

だもんで、今週は映画見た本数少なかったかもですね。

「ナイト・オブ・ソーサー/性霊・魔女伝説」
「恐竜の惑星」
「十字軍」(セシル・B・デミル監督)
「Stepover Tokyo」(ロバート・ワグナー主演)
「ディセント」
「クイック&アンデッド」
「The Witch Who Came from the Sea」(マット・シンバー監督)

てな具合。多分、今年に入って一番少ない一週間だったかも。

2007/10/14 AM 10:12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
剥がれたメッキ
すんごいことになりましたね、昨日のフライ級タイトルマッチ。
どっちに転んでも気分の悪い試合になるだろうことは分ってたし、仕事もあったから、あえて中継は見なかったんだけど。

今朝のニュースと夜のニュースであちこち見たけど、ついにやっちまったね。亀田一家。化けの皮が剥がれたというか、まあ以前から分ってたことだけど。まるっきりチンピラ集団じゃん(笑)
JBCも処分を検討しているということなので、まあ、どうなるでしょ〜か・・・という感じですけど。

最初はね、ビックリしたのよ。内藤選手の顔が腫れ上がってるし、まぶたの上がバックリ開いてるし。そんなに亀田にやられたのかと思ったら、全部バッティングや目つぶしなんだってね。
しかも、審判の見えないところで(って、当たり前か)。
は〜・・・。チンピラのヤキ入れじゃないんだから。気分悪いよね。せっかく内藤選手が正々堂々と闘ってんのに。

基本的に、若気の至りみたいなものには寛容であった方がいいとは思うのね。でも、これは完全に度が過ぎているのよ。18歳という年齢なんか関係ないって。本質的な人間性の問題だと思うのね。だから、若さなんてのは決してエクスキュースにならないと思う。

でもね、俺がもっと疑問に思ったのはさ、マスコミの対応なのね。特にテレビ。各局の朝のワイド・ショーとか見てたら、真っ向から亀田選手を批判しているのはフジテレビだけなのよ。
大塚さん、いいこと言ってた。“ボクシングがスポーツであるという意識が全く欠如している”って。

それに比べると、TBSとみのもんたは最悪(笑)。まあ、利害が絡んでるから仕方ないとはいえね、あの2枚舌、変わり身の早さ、そしてうやむやにして亀田批判を避けるあざとさ。ガッカリだよ。
みのもんたなんて、昨日はあれだけ亀田選手の肩持ってたくせに、そんな事すっかり無かったかのように内藤選手に露骨なおべっか使ってるでしょ?しかも、亀田選手の話題になると、しきりに“18歳の若さが出ちゃって”とか、“実力が違うんだからお兄ちゃんが出ればよかったのに”とか、すっかりトンチンカンなコメントばかり連発して。しまいには、“まあ、反則は反則だからね”だって(笑)。当たり前だろ。
確かにさ、世の中には力関係、利害関係ってのはあるよ。お飯食ってかなきゃいけないしね。でもね、それでも一定のラインは引かなくちゃいけないでしょ。公共の電波なんだから。みんなが見てるんだから。間違っている事を間違っていると言えないのは、そのこと自体が間違ってるでしょ!?
なんだか、TBSのワイドショーやニュース見てたら、お金の為に魂を売った人たちを見せられているようで気分悪くなったわ。

でも、他の局も概ねおよび腰だったね。フジ以外。まあ、みなさん業界で敵を作りたくないからって気持ちはよく分かりますけど(笑)。でもさ、それってよく考えたらおかしいよね?相手はヤクザなわけ?とりあえず、テレ朝はコメンテーターがちゃんとしてたわ。

でもまあ、いろいろな事がハッキリして来るだろうから、いい機会だったのかもしれないよね。それに、何よりも真面目に努力してきた人が報われるという事が証明されたのが良かったし、それを望んでいる人々が日本にもまだ沢山いるという事が分かったのも良かったと思いますね。

2007/10/12 AM 12:27:25 | Comment(5) | TrackBack(0) | [日記]
今夜が山!?
なんだか、ようやく原稿ラッシュの出口が見えてまいりました(^^;
今日を乗り切れば・・・という感じですかね。
今月は、普段は依頼のないような昭和・時事ネタなんかもあったりして、自分自身結構勉強になっております。
な〜んだ、映画やドラマ以外でもいろいろ書けるじゃん♪って(笑)

そういえば、「ペルセポリス」のマルジャン・サトラピ監督が来日するそうでございます。
記者会見の案内状が来てたの〜っ!行っちゃおうかな〜。

ということで、引き続きお仕事頑張ります!!

2007/10/11 PM 11:32:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
連休スタート
世間ではどうやら三連休らしいですね。
こちらはすっかり三連苦・・・?ウソウソ。
パソコンに向って原稿と格闘しております。

なんか今月はどこの編集部も煮詰まっていらっしゃるらしく、結構ギリギリのスケジュールなんですよね〜(^^;
何でだろう、秋だから!?
でも、お仕事頂けるのは嬉しいことなので、喜んで頑張っております(^o^)v
寺島しのぶさんのインタビュー原稿も仕上げましたけど、誌面の都合上泣く泣くカットした部分もいっぱい。勿体ないっすよね〜。

ということで、今月はいつもの連載の他、スカイパーフェクTV!ガイド、TVタロウ、E2byスカパー!TVガイドなどで特集記事をたっぷり書いておりますので、よろしくお願いいたしますね♪
また、来年早々に共同通信から発売される映画女優名鑑の執筆にも携わることになりましたので、そちらもお楽しみに。

さ〜て、引き続き原稿と格闘いたしま〜す!

最後に、この一週間に見た映画のリストです!

「ファイナル・デッドコースター」
「百万の眼を持つ刺客」
「The Phantom from 10000 Leagues」
「大包囲作戦」
「Satan\'s Harvest」
「バーニング」
「Samar」
「クレオパトラ」(クローデット・コルベール版)

2007/10/07 PM 11:01:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]
ゴールドブレンド
どうでもいい話だけど、みなさんはコーヒー好きですか?
ワタクシは夜遅く原稿を書くために・・・ということもあって、結構コーヒーを消費します。
でも、コーヒーメーカー使って豆からなんて、そんなマメなことは致しませんので、もっぱらインスタント・コーヒーでございます。

えっ?おやじギャグ?気のせいです。多分。
目医者に行ってください。

それはともかくとして、インスタント・コーヒーの中でも絶対にネスカフェのゴールド・ブレンド派なんですね。ゴールド・ブレンド以外は絶対に飲みません。そりゃ、豆から淹れたてのコーヒーの方がおいしいことは分かってるんだけど、いかんせん面倒なんだもん。
でも、やっぱインスタントは大抵不味いのね。なんだか頭がクラクラしてきちゃったりするし。その点、ゴールド・ブレンドは全く嫌味がなくて、飲みやすいから大好きなわけです。

で、昨日近所のスーパーに行ったら、ゴールド・ブレンド100gが480円の大特価で山積みにされていたんですよ。今まで500円ってのは見たことあるけど、480円って凄くない!?と思って、即決でまとめ買いしたのね。
んでもって、今日同じスーパーに行ったら、跡形もなく消えてましたわ。やっぱりみんなゴールド・ブレンド好きなのかな〜。

そんだけ。

あ〜、こんな事書いてる暇ないはずなのに〜!

2007/10/04 AM 01:16:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]
沢尻バッシング
なんだかすんごい話題になってますね〜。沢尻エリカ騒動。
普段は芸能ネタなんて気にもとめませんが、たまたまTVで見ちゃったもんで(笑)
なんだか世間じゃ大ブーイングらしいけど、俺的には大賛成。
というか、急上昇でイメージ・アップしましたよ。

ハリウッドの大女優ベティ・デイヴィスがね、“この業界(ショービジネス界)では、怪物と呼ばれるようになって初めて大物と言える”って言ってたのよ。
昔はさ、我の強いスターなんて沢山いたと思うのね。逆に、それこそがスターの証だったわけよ。それがいつの間にか、芸能界みな兄弟みたいになって、仲良しこよしでそつなく仕事しているうちに、いつの間にか平凡なタレントばかりになってしまった。女優だってまさにそう。特に30代以下の若い世代は女優らしい女優が殆どいなくなってしまったでしょ。みんな、ただのTVタレントもしくはCMタレント。
今の日本映画界でいわゆる“女優”らしさを持ってる人って、この間インタビューさせて頂いた寺島しのぶさんとか、余貴美子さんとか、本当ごく一部の人だけになっちゃったもんね。で、彼女たちに共通してるのは、他人の目を気にせずわが道を行くって事だと思うのよ。もちろん、彼女たちは酸いも甘いも噛み分けた大人だから、今回みたいな騒動は起しませんけど(笑)

今回の彼女の行いは確かに愚かだったのかもしれないけど、なにせまだ若いわけじゃない!?逆に世間の目を気にしない“俺様”的な資質には、将来の大女優を期待させるものがあると思う。若くて生意気なくらいの人が将来大きくなるのよ。加賀まり子さんだって、若尾文子さんだって、若い頃は相当反骨精神が旺盛だったわけじゃない!?秋吉久美子さんだって、若い頃には生意気だと叩かれまくってるし。世間を敵に回すくらいの度胸も、大女優には必要な資質だと思う。
いずれにせよ、若いうちに叩かれまくるのもいいかもね。絶対強くなると思うわ。そう、若いからこそ愚かな事って出来るのね。というか、許されていいはずなのよ。世渡り上手で小さくまとまるよりも、ずっとマシだと思う。

2007/10/03 AM 01:47:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | [日記]


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.