すくすくBLOG TOP RSS
Angeleyes
フリーライター、なかざわひでゆきのブログです。 映画や音楽以外にも日常の中で気付いたこと、 思ったことをなどを書き連ねていきます。 ホームページと併せてよろしくです〜!

2007 - August
SunMon TueWed ThuFri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Profile
名前なかざわ ひでゆき
URLhttp://angeleyes.dee.cc/
年齢あれっ?
性別男性
血液型A型
星座蟹座
facebook https://www.facebook.com/hideyuki.nakazawa.71?sk=wall

Category
日記(569)

Latest Report
・2016/07/10  映画ブログ
・2014/11/30  インタビュー記事が掲載されました
・2014/07/29  ノーマンと再会
・2014/03/15  バンクーバー
・2014/03/12  春到来?

Past Report
2016年07月
2014年11月
2014年07月
2014年03月
2014年02月



ヒーローズ!
行って来ましたよぉ〜!
「HEROES」の来日取材。
午前11時半の囲み取材から始まって、最後のプレミア試写舞台挨拶が終わったのが午後7時半。
久々に長丁場の取材だったので疲れました・・・。

でもね、同時にこんなに楽しい取材も久々という感じでした。
キャストの面々が本当に仲良くて、取材記者も含めてみんなノリノリだったんですよ。質疑応答も爆笑の渦で、信じられないくらいに和やかな雰囲気の中で進行しました。

マシ・オカさんの絶妙なトークも良かったし、アリ・ラーターは映画やテレビでも見るよりも美人だったし、インド人俳優のセンディル・ラママーシーもドラマと同一人物とは思えないくらいに美形でビックリしました。あんな彫刻みたいに隙のない顔した人を間近で見たのは生まれて初めてですね。
あと、「エイリアス」でもお馴染みのグレッグ・グランバーグがむっちゃくちゃイイ人なんですよ。取材陣にもすごく気を使ってくれて。俺のこともちゃんと憶えてくれて、取材の後でも通りがかりに2回も“ありがとう”って握手してくれました。すんごいナイス・ガイです。

ちなみに、憧れのアリ・ラーターなんですが・・・サインは貰えなかったけど、しっかり握手はしてもらいましたよん♪とても気さくで明るい人で、“ファンです”って言ったら本当に嬉しそうにはしゃいでくれました。
ホント、お仕事でこんな楽しい思いをさせて頂いていいんでしょーかっ!?ってくらいハッピーな一日でございました。

2007/08/27 AM 12:03:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]
ゴロゴロ休日
またまた、やっちゃいました。
日記の日付詐称(笑)
本当は日付変わって27日の午前1時なんですけどね。
でもね、このブログ、日付は調整できても時間は誤魔化せないんだよね。だもんで、26日日曜日の午前1時に書いてることになってんの。ちょい不便だけど・・・ま、いっか。

今日は久々のゴロゴロ日曜日。
明日の取材の予習で「HEROES」見てましたわ。
話題のマシ・オカさんが出てくる東京パートに興味津々だったんだけど、案の定・・・ってか、なんか変なんですよ、このニッポン。
まず、明らかに東京じゃないのね、撮影されてるのが。
へっ!?地下鉄の車両内にデジタル時計あったっけ!?
東京メトロのロゴ・マーク、確かに似てるけど・・・なんか漢字っぽくない!?
その他、街中に芸者のポスターがベタベタ貼ってあったりとかさ、針時計の時間表記が全て手書きの漢字だったりとかさ、行き交う日本人が妙に日焼けしてて中国人っぽかったりとかさ、アメリカ人のイメージで再現された東京なのね。まあ、サムライやニンジャが出てこないだけマシなんだけど。
その微妙な勘違いぶりが、実は逆に面白いのね。
そう、完全に間違ってるわけじゃないんですよ。何とな〜くは合ってるの。
ショッピング・センターの辺りなんて、なにげに広尾みたいな雰囲気だしさ。繁華街の妙なデコレーションも、見方によっては六本木なのね。
恐らく、プロダクション・デザインの担当者は、東京を全く知らないわけではないんじゃないかな。アメリカ人のフィルターを通すと東京ってこんな街に見えるんだ、って感じ。細かいディテールを見てると、結構真面目に東京を再現しようとしているのが分かるんです。意外に見どころかもしれないっすね。

ということで、日曜日恒例の今週見た映画リスト発表♪
「ハロウィン レザレクション」
「Night Club」(マイケル・キーシュ監督)
「セパレイト・ウェイズ」(カレン・ブラック主演)
「二重露出/死のシャッター」
「Malocchio」(アンソニー・ステファン主演イタリア映画)
「Los Ritos Sexuales del Diablo」(ヘルガ・リーネ主演スペイン映画)
「憲兵と幽霊」(中川信夫監督)
「バラキ」

意外に少ない一週間でございました。チャンチャン♪

2007/08/26 AM 01:59:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]
お久〜!←おきゅう〜じゃないからね(^^;
ご無沙汰しておりやしたぁ〜。
日付は変わって24日になってしまいましたが、とりあえず8月23日のブログでございます。

先週末から「MOVIE」第3号の原稿に追われてしまいまして、すっかりブログをサボっておりました。てか、追われたというよりも自分で追い込んだといった方が正しいんですけどね(^^;
夏バテで先週ずっと調子悪かったもんだから、全然原稿が進んでいなったんですわ・・・(涙)
マジ、夏って苦手♪

とにかく、無事に原稿は書き終わりました。
ちなみに、今回はポール・ニューマン特集です!
発売は9月21日ですので、よろしくお願いしますね〜(^o^)V
てか、買って♥

さてさて、本日は映画「未来予想図」に主演してる竹財輝之助クンにインタビューして参りました。
そ、あのドリカムの曲の映画化ね。
まあ、細くてキレイな顔してるんですわ、って、オバさんか俺は(笑)
でもね、むちゃくちゃ純粋で素直な好青年なんですよ。
役者の仕事が大好きで仕方ないってのがヒシヒシと伝わってきて、とにかく熱い。
といっても体育会系的な熱さではなくて、あくまでも優しくて繊細なのね。
世間はイケメン俳優が花盛りだけど、こういう人にこそ成功して欲しいなと素直に思える若者でした。
是非是非、皆さんも注目して下さい!
あ、もちろん俺の次にね(笑)

ち・な・み・に、来週はあのマシ・オカさんに取材するんですよ〜!!そう、全米で大人気の日本人俳優マシ・オカさん。
「HEROES」ってテレビ・ドラマに出てるんですけど、もともとはジョージ・ルーカスのILMの特殊効果マンなんですよね。
でもね、大きな声じゃ言えないんですけど、俺的には一緒に来日する女優のアリ・ラーターがお目当てなんですよぉ〜。
「TATARI」の時からの大ファンなんだな〜、これが。
むっちゃサイン欲しいんだけど(笑)
ノミの心臓百万倍にして臨みますわ。

2007/08/23 AM 01:25:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]
夏バテ
ここ2〜3日ヤバイです。
何がヤバイって、すっかり夏バテ状態なんですわ。
身体中だるいし、頭はクラクラするし、なんだか無性に味噌汁が飲みたくなるし(笑)
気がつきゃ、ミネラル・ウォーターとお酢と味噌汁を交互に飲んでんの。おかげでなのか何なのか分からないけど、ようやく元気になってきました。
それにしても、本日は岐阜や埼玉で40℃を超えたってね〜。恐ろしい。地球温暖化の影響なのかな。こんなの昔はSFパニック映画の中だけでの出来事だったけどさ、いつの間にか現実になってしまったんだよね。10年後、20年後の地球がどんな事になっているのか、ちょっと想像がつかないですね。
とにもかくにも、頑張って夏を乗り切りたいと思います〜!

2007/08/16 PM 11:07:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | [日記]
ひと段落
ようやく締切りラッシュの1週間が終わったよ〜。
今朝一番で原稿をメール添付して終了!
久しぶりに何にも考えない一日を過ごす事が出来ました。
とはいえね、散歩がてらどこか遠出しようかなとも思ったんだけど、こんなに暑いと外に出る気も失せてしまいますわ。マジ。
てなわけで、本日は一日中映画ばかり見てました。
まあ、珍しいこっちゃないんですけど(笑)

でもって、日曜日恒例(?)、この一週間に見た映画報告〜♪

殺人兵器サンダー・アーム
インディアン・ゾンビ/死霊の詰合わせ
Penny Dreadful
ザ・ピット
ヂャンヌ・ダーク(セシル・B・デミル監督)
小米国人(セシル・B・デミル監督)
Caltiki, il mostro immortale(リカルド・フレーダ監督)
SEXインブルー(アラン・パトリック・シャピュイス監督)
昨日への道(セシル・B・デミル監督)
ヴォルガの舟唄(セシル・B・デミル監督)
The Crooked Circle(ザス・ピッツ主演)
A Shriek in the Night(ジンジャー・ロジャース主演)

今週は忙しかったので、ちょっと少なめですね(笑)
セシル・B・デミル監督の初期作品をまとめて見たんだけど、この頃からスペクタクル大好きなのね、この人。半ば強引なくらいに列車の大激突やら豪華客船沈没やらといったパニック・シーンが盛り込まれんのね。それもサイレント映画の時代だから、ほとんど本物サイズで撮影されてんの。このデカけりゃオーケーっていうハリウッド的感覚、結構好きなんだよね(笑)
「ヴォルガの舟唄」はロシア革命を題材にしていて、イデオロギーを超えた隣人愛とか民族愛みたいなものを謳ってるんだけど、後にデミルが赤狩りに加担したことを考えるとなんとも皮肉。

さてさて、明日からは次の週末の締切りに向けて頑張ります〜!

2007/08/12 PM 10:07:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | [日記]
爆睡・・・
うああああああ・・・!
寝てた(笑)
夕飯はチャーハンでも作ろうかな〜なんて思いながら、
でもちょっと疲れたから横になろう♪
って横になったその瞬間から記憶がありませんわ。

まあ、連日の締切りでついつい寝不足がちになってたから仕方ないんですけどね〜。
タイミングを逃してしまった夕ご飯。
これから食うわけにもいかないしな〜。
でも腹減ったにゃ〜(^^;
食っちゃお〜かな〜♪

ということで、画像は共同通信社の雑誌「MOVIE」の最新号です。
ジョン・ウェイン特集で、私めはフィルモグラフィーの作品解説などを執筆させて頂いております。
ウェインの珍しいポートレート満載!特に、若い頃の細くてハンサムなジョン・ウェインのポートレートというのは貴重ですね〜。
記事も専門書並みにディープで、かなり読み応えあるかと思います。
なかなか大々的に宣伝されていないので、まだ存在すら知らない人も多いんじゃないかと思うんですけど。
特に大人の映画ファンにはオススメの一冊です。
是非是非、書店で手にとってみて下さいませ!

ちなみに、今テレビ見てて気付いたんだけど、COCCOってさかなくんにソックリでない!?

2007/08/10 AM 02:10:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | [日記]
夏本番!
あぢ〜〜〜〜〜!!!!
すんげ暑い一日でしたね、今日も。
そんな炎天下の中、本日は等々力にて取材でございました。
うちからは片道1時間近くかかるもんだから、着いた頃には暑さですっかりヘロヘロ状態。
今回は俳優の長塚京三さんにインタビューだったんですけど、なんだか頭がボーっとしちゃって、どうなることかと思いましたよ。でも、さすがそこはベテラン俳優さん。こちらのつたない進行&質問にも手際よく対応して下さって、本当〜に助かりました。
ということで、今日のお仕事は無事に終了!
あとは、明日からの締切りラッシュを乗り越えるのみ。
ひとまず映画でも見て気分転換してから原稿と格闘します(^^;
なーに見よっかな〜。
そう、基本的に家にいる時は映画ばっかし見てます。
寝るか食うか映画見るか音楽聴くか。あ、あと原稿書くか(笑)
ちなみに、この1週間で見た映画をザッと挙げると・・・

「ウルトラ・バイオレンス」
「The Torturer」(ランベルト・バーヴァ監督日本未公開作)
「Ghost Son」(ランベルト・バーヴァ監督最新作)
「スコウ・マン」(セシル・B・デミル監督)
「The Virginian」(セシル・B・デミル監督)
「カルメン」(セシル・B・デミル監督)
「チート」(セシル・B・デミル監督)
「妖怪巨大女」
「The Giant Behemoth」
「惑星X悲劇の壊滅」
「ザ・チャイルド」
「Vengeance of the Zombies」(ポール・ナッチー主演)
「Driving Lessons」
「Pick Up」(バーニー・ハーシェンソン監督)
「どですかでん」
「スクープ 悪意の不在」

あ、やばい。1日に2本以上見てる(笑)

2007/08/05 PM 08:12:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]
天気ワルっ
あれっ?梅雨明けしなかったけ?
ってくらいの天気ですね、今日は。

さてさて、昨日はオペラ歌手で愛知県立芸術大学音楽部の教授でいらっしゃる林安喜子さんにインタビューさせて頂きました。マリア・カラスとの想い出をお伺いしたんですけど、いろいろと面白いエピソードをお話くださって、とても充実したインタビューになりました。林さん自身もとてもエレガントでインテリジェンスな方で、今どきの女優なんかよりも遥かに女優っぽいオーラの持ち主でした。

テレビでは朝青龍の厳罰処分で話題騒然ですが、これは仕方ないっすよね〜。
そもそもね、確かに朝青龍って強いのかもしれないんだけどさ、人格的にはとても問題がある人とは思うんだよね。
ただ、これはモンゴル人だから、外国人だからってことだけが原因ではなくて、恐らく彼自身の人間的な資質の問題だと思うんですよ。彼をギャフンと言わせるような、品格のある横綱が早く生まれてくれることを願うばかりですわ。本当。

品格といえばさ、更迭された赤城農水大臣もどうかと思うよね。安倍さんとは違った意味で、ダメなお坊ちゃまの典型みたいな人だね。器が小さい上にええカッコシイ。いつまでもウジウジウジウジはっきりせんし、自分をカッコよく見せてキレイごとで済ませようということしか考えてないのね。少なくとも、そうとしか見えない。逆に浅ましい人間だな〜と思いますよ。こんな人に振り回される自民党も、そして我々日本国民も、なんだかちょっと惨めだね(笑)

2007/08/02 AM 08:29:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.