アルマンド・トロヴァヨーリ Armando Trovaioli
〜映画とジャズとカンツォーネ〜

 

ARMANDO_TROVAIOLI.JPG

 

 日本では“ダバダバ・ダバダバ・・・”という男女のお洒落なスキャット・コーラスで大人気の「黄金の七人」('65)、女性のため息や笑い声をコラージュしたレア・グルーヴの傑作「セッソ・マット」('73)など、キッチュでユーモラスなサウンドを得意とする粋な映画音楽家として人気が高いアルマンド・トロヴァヨーリ。
 一方、母国のイタリアでは、ディーノ・リージやエットーレ・スコラ、ヴィットリオ・デ・シーカといった巨匠・名匠たちの人情コメディやセックス・コメディを数多く手掛けてきた庶民派の作曲家として親しまれている。カンツォーネの作曲家としてもジャンニ・モランディやオルネッラ・ヴァノーニ、ジョニー・ドレッリといったトップ・スターのヒット曲を数多く手掛けており、その音楽的な守備範囲はとても広い。
 もちろん、映画音楽の仕事というのは様々なジャンルやトレンドに対応していかなくてはならないため、守備範囲が広くなっていってしまうのは当然といえば当然。特にイタリアの作曲家はモリコーネやウミリアーニ、ピッチョーニなどの例を挙げるまでもなく、とにかく臨機応変にバラエティ豊かな映画音楽を数多く生み出してきた。トロヴァヨーリもご他聞に漏れず、クラシカルなオーケストラ・スコアからロック、ディスコまで様々なジャンルの音楽を独自のスタイルで消化している。
 そんなトロヴァヨーリ・スタイルのルーツとも言えるのが、ジャズとカンツォーネである。戦後のイタリアでは、進駐軍によってもたらされたジャズが音楽界に多大な影響を及ぼした。特に、戦中・戦後に青春を過ごした世代はその影響をもろに受けており、トロヴァヨーリも例外ではなかったわけだ。もともとはクラシック音楽の教育を受けたトロヴァヨーリだったが、アメリカのビッグ・バンド・ジャズに感化され、戦後はジャズ・ピアニスト、バンド・リーダーとしてキャリアを築いた。「黄金の七人」や「バンボーレ」('65)、「セッソ・マット」などで披露したユーモアの効いた都会的で洒脱なセンス、「危険な恋人」('68)や「ビッグ・マグナム77」('76)で聴かせるクールでスタイリッシュなサウンドなどは、やはりジャズ畑で培われた感性のなせる技なのだろう。
 一方で、彼の作品にはカンツォーネやローマ歌謡、ナポリ歌謡といったイタリアの庶民音楽独特の暖かさや大らかさが非常に濃厚。中でも、ヴィットリオ・デ・シーカやディーノ・リージ、エットーレ・スコラらのコメディ映画で特に顕著に感じられる。その、どこかほのぼのとした優しさが、トロヴァヨーリのスコアに独特の味わいを与えていると言っていいだろう。
 お洒落なジャズと庶民的なイタリア人気質。その両方を兼ね備えたのがアルマンド・トロヴァヨーリという作曲家なのだと思う。スコラの人情コメディ「マカロニ」('84)などはまさにその真骨頂で、甘いジャズのノスタルジーとカンツォーネの哀愁が絶妙に絡み合う傑作だった。

 1917年9月2日、ローマに生まれたトロヴァヨーリは、幼い頃からバイオリンを習った。地元のサンタ・チェチリア音楽院でピアノと作曲を学ぶ一方、37年にロッコ・グラッソ・オーケストラに入団。その後、イタリアン・ジャズの草分け的存在であるセスト・カルリーニと知り合ったトロヴァヨーリは、39年にカルリーニのオーケストラに参加した。
 戦時中は音楽活動から遠ざかっていたが、48年にサンタ・チェチリア音楽院を卒業し、ジャズ・ピアニスト兼作曲家として再スタートを切る。その後、バンド・リーダーとしてジャズのレコードを発表し、カンツォーネの作曲家として人気歌手に楽曲を提供。
 初めて映画のスコアを手掛けたのはルイジ・コメンチーニ監督のメロドラマ“La tratta delle bianche”('52)。その後、巨匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督の名作「二人の女」('60)と「昨日・今日・明日」('63)を手掛けて知名度を高め、瞬く間に売れっ子作曲家になったというわけだ。
 1965年には「黄金の七人」でシルバー・リボン賞の最優秀音楽賞を受賞。さらに、「特別な一日」('76)で再びシルバー・リボン賞を、“Mogliamante”('77)と「ル・バル」('83)でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を、そして「ラ・ファミリア」('87)で3度目のシルバー・リボン賞を受賞している。
 既に90歳を超えた大御所の大ベテランだが、2006年には友人マルチェロ・マストロヤンニに捧げたドキュメンタリー「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶」の作曲を手掛け、自らカメラの前に立って出演も果たした。
 2001年にはシルバー・リボン賞の特別賞を、2007年にはダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の特別功労賞を受賞。55年以上に渡るキャリアで作曲を手掛けた映画の数は実に206本にも及ぶ。まさに、モリコーネと並ぶイタリア映画界の至宝。「黄金の七人」や「セッソ・マット」でその存在を知った人が多いかもしれないが、それだけではないトロヴァヨーリの世界を是非味わって欲しいと思う。

 

ITALIANI_BRAVA_GENTE.JPG 7_UOMINI_DORO.JPG LA_BAMBOLE.JPG OPERAZIONE_SAN_GENNARO.JPG

Italiano Brava Gente (1966)/
Le Soldatesse (1966)

黄金の七人/
続・黄金の七人・レインボー作戦
7 Uomini D'oro (1965)/Il Grande Colpo dei 7 Uomini D'oro (1966)

バンボーレ/おとぼけ紳士録
Le Bambole (1965)/
I Complessi (1965)

ナポリと女と泥棒たち
Operazione San Gennaro (1966)

(P)1992 RCA/BMG Ariola (Italy) (P)2002 Culture Publishers (Japan) (P)2007 GDM (Italy) (P)2007 GDM (Italy)
Italiano Brava Gente
1,Italiano Karascio
2,Arrival At The Front
3,Execution By Shooting
4,The Colonel's Journal
5,First Retreat
6,The Story of the Partisan And Of The Medical Lieutenant
7,Private Gabrielli
8,Sonia's Episode
9,One Thousand Empty Mess-Tins
composed by Armando Trovaioli
Le Soldatesse 「国境は燃えている」
10,Dramatic Prelude
11,Eftikia's Theme
12,Ballad of the Lorry
13,Eftikia's Sirtaki
14,Eftikia's Theme
15,Assault of the Lorry
16,The Shooting of the Partisans
17,Martino Meets Eftikia
18,Finale
composed by Mario Nascimbene
7 Uomini D'oto
1,Seven Golden Men
2,Ping Pong
3,Please Be Nice
4,Rossana
5,Thunder Bolt
6,Rossana
7,Seven Golden Men
8,Rossana
9,Walk On Home
10,Walk On Home
11,Rocking Horse
12,Seven Golden Men
13,Brick Top
14,Brick Top
15,Seven Golden Men
Il Grande Colpo dei 7 Uomini D'oro
16,Primavera
17,Cuica
18,Samba 2 Andamento
19,Sette Per Il Grande Colpo
20,Esquentando Os Tamborins E Cuicas
21,Samba 1 Andamento
22,Sette Per Il Grande Colpo
Le Bambole
1,Non Aspettare Piu (titoli) by Jimmy Fontana
2,La Telefonata
3,Non Aspettare Piu (#2)
4,Eugenetica
5,La Ballata Di Fiumicino (versione italiano)
6,Eugenetica (#2)
7,Cupido
8,Twist For Gina
9,Vibe's Mood
10,Blues For Recoreco
11,Il Clavicordo Stemperado
12,Non Aspettare Piu (#3)
13,Giovanna Del Twost
14,Cupido (#2)
15,Eugenetica (#3)
16,La Ballata Di Fiumicino (versione inglese)
I Complessi
17,I Complessi
18,I Complessi (#2)
19,I Complessi (#3)
20,I Complessi (#4)
1,Operazione San Gennaro - Titoli
2,Maggie
3,Fuga All'Aereoporto
4,Il Tesoro Di San Gennaro
5,Il Miracolo
6,Little Paisano Jack
7,Rapina
8,Dudu' e Concettina
9,Operazione San Gennaro - Finale
10,Maggie (versione film)
11,Funa All'Aereoporto (versione film)
12,Dudu' e Maggie Shake
13,San Gennaro Tarantella
14,Sambando
15,Operazione San Gennaro - Titoli (ripressa)
 トロヴァヨーリが手掛けたジュゼッペ・デ・サンティス監督の戦争映画と、マリオ・ナシンベーネが手掛けたヴァレリオ・ズルリーニ監督の「国境は燃えている」をカップリングしたCD。トロヴァヨーリの作品はオーソドックスなオーケストラ・スコアで、随所にロシアの軍歌やイタリアの大衆歌謡の要素を盛り込んでいるのがユニーク。ナシンベーネのスコアはギリシャ音楽を引用した哀愁たっぷりの仕上がりです。  名実共にトロヴァヨーリの代表作というべき名盤。イ・カントーリ・モデルニのお洒落なスキャットをフューチャーした、ゴージャスでスインギーな傑作スコア。日本でもテレビのBGMなどでよく使われるので、聴き覚えのある人も多いはず。このクールなカッコ良さには心底シビレまくりますね。どことなくちょっとHでユルいところもグッド。続編の方も、アフロ・ジャズやラテン・ジャズの風味が効いていて、とってもグルーヴィーです。  お洒落なオムニバス・コメディ「バンボーレ」と、アルベルト・ソルディ主演「おとぼけ紳士録」のカップリング。ジミー・フォンタナが歌うノリノリの歌謡ロックンロールで幕を開ける「バンボーレ」は、ムーディーでスインギーなラウンジ・ジャズ満載のナイスな仕上がり。一方の「おとぼけ紳士録」の方も、クールなベース・ラインにお洒落なスキャットを乗せたテーマ曲が最高!「黄金の七人」が好きな人には大推薦です。  ニノ・マンフレディとセンタ・バーガー主演による泥棒コメディのサントラ。ナポリ歌謡をイメージしたテーマ曲はユーモラスですが、「黄金の七人」路線を期待するとちょっと肩透かしを食らうかもしれません。ただ、それ以外のスコアは基本的にグルーヴィー&スウィンギー!ちょっとサイケな味付けが感じられるのも時代ですね。ちなみに、このサントラCDは初ソフト化音源を含む完全版です。

RAPPORTO_FULLER.JPG VENDETTA.JPG 7_VOLTE_7.JPG IL_PROFETA.JPG

スピードは俺の稼業
Rapporto Fuller Base Stoccolma (1967)

星空の用心棒
I Lunghi Giorni Della Vendetta (1967)

新黄金の七人7×7
7 Volte 7 (1968)

プロフェット(未)/女性上位時代
Il Profeta (1968)/
La Matriarca (1968)

(P)2007 Beat Records (Italy) (P)2004 GDM (Italy) (P)2000 King Record (Japan) (P)2001 GDM (Italy) 限定盤
1,The Touch Of A Kiss (vocal) #
2,She,Dangerous Stuff
3,Feeling Like A Ball
4,Just A Bullet, Just A Fist
5,Suddenly An Old Friend
6,Tears And Spines
7,All Filled Now
8,The End Of The Foul
9,The Touch Of A Kiss (Instr.)
10,Unexpected Note
11,The Stockholm Baths
12,A Forced Meeting
13,Trapped Again
14,The Unwitting Bait
15,The Cottage Over The River
16,Half Of The Report
17,A Bank In Zurich
18,The Puzzle Of Memories
19,The Report Is Completed
20,Just Pull The Trigger
21,The Last Gift
22,The Tohch Of A Kiss (vocal) #
23,Just Another Ending
24,Qualcosa piu grande di noi
# sung by Lara Saint Paul
1,I Lunghi Giorni Della Vendetta (Titoli)
2,I Lunghi Giorni Della Vendetta (Il campo di prigionia)
3,Ombre Al Tramonto
4,L'imboscata
5,La Prateria
6,L'attesa
7,Duello Disperato
8,Inseguendo Il Sole
9,Sole Alto
10,Dopo Il Duello
11,Ennio Prendi Il Fucile
12,L'attesa (U)
13,Vai, Cow-Boy, Vai
14,I Lunghi Giorni Della Vendetta (cantina)
15,Deserto Infuocato
16,Sfida Per Una Vendetta
17,Amore Per Una Squaw
18,Passi Nella Nottte
19,Sole Basso
20,Dopo Il Duello (pt.2)
21,La Prateria (U)
22,I Lunghi Giorni Della Vendetta (L'agguato)
23,Fatti Il Segno Della Croce
24,Un Solo Colpo
25,I Lunghi Giorni Della Vendetta (Fantasia)
26,I Lunghi Giorni
27,I Lunghi Giorni (pt.2)
28,Muori O Vivi
29,Muori O Vivi (pt.2)
30,Rabbia E Amore
31,Tutto Finisce All'alba
1,The Getaway
2,Seven Times Blues
3,The Red Bus
4,Seven Times Seven
5,The Big Brain
6,Seven Times Seven
7,Seven Times Blues
8,The Big Brain
9,The Red Bus
10,Jail
11,The Getaway
Il Profeta
1,Il Profeta (Titoli)
2,Il Profeta (Party Mood)
3,Abbiamo Capito (Tema d'amore - Raga Indiano)
4,Il Profeta (versione clavicembalo)
5,Abbiamo Capito (Tema d'amore - Versione Marcia)
6,Il Profeta (Rumba-Shake)
7,Abbiamo Capito (Tema d'amore - variazioni)
8,Topo Di Campagna (Banjos Galore)
9,Il Profeta
10,Abbiamo Capito (Tema d'amore - versione lullaby)
11,Abbiamo Capito (Tema d'amore - versione shake)
12,Il Profeta (versione mistero)
13,Il Profeta (versione shake)
14,Abbiamo Capito (Tema d'amore - versione lullaby ripresa)
15,Abbiamo Capito (Tema d'amore - versione rumba-shake)
16,Il Profeta (Tema principale-ripresa)
La Matriarca
17,La Matriarca (Titoli)
18,La Matriarca (Slow Take)
19,La Matriarca (Dream Version)
20,La Matriarca (Waltz Theme)
21,L'amore Dice Ciao
22,La Matriarca (Bossa Nova)
23,La Matriarca (Piano Solo)
24,La Matriarca (Postinde)
25,La Matriarca (Finale)
 スパイ映画ブームの最中に作られたケン・クラークとベバ・ロンカール主演のスパイ・アクション。まさに「ゴールドフィンガー」!という感じのテーマ曲にもニンマリですが、全編に渡って繰り広げられるスリリングでクールなファンキー・ジャズのカッコ良さときたら!ドリーミーでメロウな女声スキャットをフューチャーした#6なんか最高ですね。ジャズ・アルバムとしても聴き応え十分な1枚だと思います。  トロヴァヨーリにとっては非常に珍しいマカロニ・ウェスタンのサントラ。こいつがとにかく素晴らしい出来映えなんですね〜。哀愁感溢れるテーマ曲からして武者震いもののカッコ良さ。ルイス・バカロフの「怒りのガンマン/銀山の大虐殺」にも匹敵する傑作だと思います。お洒落なトロヴァヨーリが好きな人にも是非聴いてもらいたい一枚です。ちなみに、日本盤CDも出ていますが、このGDM盤CDが完全版です。  1作目の雰囲気をそのまま踏襲したテーマ曲が素敵なシリーズ第3弾。今回はイギリスが舞台ということで、バグパイプとスキャットを織り交ぜた#3なんかグッドなセンスですね。疾走するようなハモンド・オルガンが超ファンキーな#2もグルーヴィー。まさにスウィンギン・ロンドンといった感じの、ハイセンスな作品に仕上がっています。なお、2006年にアヴァンツ・レコードから完全版CDもリリースされています。  コメディ映画のサントラ2本分をカップリングしたCD。アン・マーグレット主演の未公開作「プロフェット」が悩殺モノのカッコ良さ!シタールやハモンド・オルガンを駆使し、トロピカルなボサやサンバ、サイケ・ロック、R&Bなど様々なサウンドを聴かせてくれます。しかも、むっちゃくちゃキャッチー!一方の「女性上位時代」はスウィートでエレガントなラウンジ・サウンド。とろけるようなストリングスの音色にウットリ。超お薦めです!

VEDO_NUDO.JPG COME_QUANDO_PERCHE.JPG NELL_ANNO_DEL_SIGNORE.JPG SESSO_MATTO.JPG

Vedo Nudo (1969)

Come, Quando, Perche (1969)

Nell'anno Del Signore (1969)

セッソ・マット/
Sesso Matto (1973)

(P)1997 Avanz Records (Japan) (P)2007 GDM (Italy) (P)1998 Cinevox (Italy) (P)2000 King Record (Japan)
1,Let's Find Out (Original main title) #1
2,Vedo Nudo (Diva waltz)
3,Vedo Nudo (Adulterio)
4,Vedo Nudo (L'ultima vergin)
5,Vedo Nudo (Il guardone)
6,Crazy #2
7,Ornella
8,Vedo Nudo (Il detenuto)
9,Vedo Nudo (Diva samba)
10,Blue Like A Dream #3
11,Vedo Nudo (L'ultimo vergine 2)
12,Vedo Nudo (Il detenuto 2)
13,Let's Find Out (Sexy version)
14,Let's Find Out (Edda's vocal)
#1 by Isabel Bondo
#2 by Wess & The Airdates
#3 by The Needles
1,Come, Quando, Perche
2,Presa Nella Rete
3,Disperazione Di Un Ricordo
4,Onde Sulla Riva
5,Paula
6,Come, Quando, Perche (#2)
7,Onde Sulla Riva (#2)
8,Come, Quando, Perche (#3)
9,Qualcosa Perduta
10,L'appuntamento
11,Il Passato Ritorna
12,Una Notte Particolare
13,Onde Sulla Riva (#3)
14,Come, Quando, Perche (#4)
1,Nell'anno Del Signore
2,Castle S.Angelo
3,Paolina
4,Angelo e Giuditta
5,I Carbonari
6,Addio
7,Sotto la Ghigliottina
8,Ouverture Nell'anno Del Signore
9,Tema di Giuditta
10,La Processione dei Condannati
11,Dicharazione D'amore
12,Pasuino
13,Sapessi Quanto Amore
14,Coro Della Morte
15,Piazza del Popolo
16,Nell'anno Del Signore (Suite)
17,Serenata Per Giuditta
1,Sesso Matto
2,Two Happy People
3,Signora Sono Le Otto
4,Due Cuori e Una Baracca
5,Palm Tree
6,L'ospite
7,Viaggio Di Nozze
8,Un Amore Difficile
9,Delitto Sessuale
10,D'amore Si Muore
11,I Apologise Mr.Rossini
12,Kinky Peanuts
13,Torna Piccola Mia
14,Non e Mai Troppo Tardi
15,Searching For Something
16,Sesso Matto
 ニノ・マンフレディ主演によるセックス・コメディのサントラ。ファンキーでグルーヴィーなテーマ曲#1もカッコいいですが、圧巻はイ・カントーリ・モデルニのコーラスとハモンド・オルガンを重ね合わせたサイケデリックで実験的なスコア#3。脳髄にグルグルと来ます。全体的にかなりアシッド・ロックやジャズ・ファンク色の強い作品。トロヴァヨーリは当時既に50歳。この若いエネルギーは一体何なんだ!?と感服です。  エッダの美しいスキャットをフューチャーした、甘く切ないテーマ曲が印象的な作品。フィリップ・ルロワ主演で、男女の三角関係を描いたラブ・ロマンスのようです。フランシス・レイやチプリアーニのような甘いメロディを散りばめつつも、どこかドリーミーで繊細なアレンジが秀逸。とても上品で質の高い作品に仕上がっています。トロヴァヨーリのディスコグラフィーの中では見過ごされがちですが、隠れた名盤です。  ニノ・マンフレディ、クラウディア・カルディナーレ、アルベルト・ソルディらオールスター・キャスト出演による歴史コメディのサントラ。バロック風のクラシカルなオーケストラ・スコアで、エッダの美しいソプラノ・ボーカルが印象的。ちょうどダニエル・リカーリなんかが好きな人にはピンと来るかもしれません。ちなみに、#17はこのCDのためにトロヴァヨーリ自身が新たにレコーディングしたボーナス・トラックです。  このテーマ曲#1を傑作と呼ばずに何と呼びましょうか。泣く子も黙る「セッソ・マット」です。セッソマ、セッソマ、セッソマトマト〜ってため息交じりの女性ボーカルに、艶かしいあえぎ声やら笑い声がコラージュされていくファンキーでキャッチーなレア・グルーヴ。この恐るべきセンスは奇跡としか言いようがありません。なお、2007年にイタリアのビート・レコードから41曲入りの完全版がリリースされています。

PAOLO_IL_CALDO.JPG LUNA_DI_MIELE_IN_TRE.JPG TONY_SAITTA.JPG LA_FAMIGLIA.JPG

ああ情熱
Paolo Il Caldo (1973)

Luna Di Miele In Tre (1976)

ビッグ・マグナム77
Una Magnum Special per Tony Saitta (1976)

ラ・ファミリア
La Famiglia (1987)

(P)1993 CAM (Italy) (P)1992 CAM (Italy) (P)2007 Beat Records (Italy) (P)2007 GDM (Italy)
1,Infanza Di Paolo
2,Incontro A...
3,Dov'e Giovanna
4,Flip Top
5,Primo Amore
6,Confessione e Addio
7,Immagni
8,Ricordo Di Lilia
9,Amore Impossibile
10,Malinconia di Paolo
11,Una Lettera di Addio
12,Flip Top
1,Honeymoon In Three
2,Flyin' To Jamaica Bay
3,Between Mangos And Coconuts #
4,Grace
5,Blue Girl
6,Jamaica Land #
7,Goddess Woman
8,Carillon
9,Moon Over Paraggi
10,To Marry Mary Ann
11,Babe
12,Play Boy Club
# sung by Sammy Barbot
1,Louise
2,Tony's Magnum
3,Black Pearl Necklace
4,Theme for a Murderer
5,Who Killed Louise?
6,A Very Strange Party
7,Tony's Back
8,A Weird Phone Call
9,The Puzzle Is Completed
10.Identikit
11,Blind Suspence
12,The Story Concludes
1,La Famiglia
2,Primo Incontro
3,Solitudine di Carlo
4,Sensazioni
5,Telefonata da Parigi
6,Un Bambino
7,Carlo e Giulio
8,La Famiglia (provino N.1)
9,La Famiglia (provino N.2)
10,Ritrovarsi
11,Ricordi
12,Adelina
13,Chiedere Scusa
14,Addio
15,Epilogo
16,La Famiglia (ripresa)
 突き抜けるように美しいエッダのソプラノと、ため息が出るほどに甘いメロディが何ともロマンティックな佳作。マルコ・ヴィカリオ監督によるセックス・コメディのサントラですが、まるで恋愛映画のように叙情的で気品のあるスコアを中心に構成されています。ノスタルジックなムードもほど良い感じ。モリコーネの「ニューシネマ・パラダイス」なんかが好きな人には特にお薦めですね。名盤です。  ソフト・ロック的な魅力溢れる、爽やかでメロウなスコアが満載の素晴らしい1枚。いかにも70年代的な爽快感が実に心地良いです。中でも、#2の大空へスカッと突き抜けるようなストリングスは絶品。ディスコ風のミディアム・グルーヴとの相性も抜群で、ちょうどシルヴェッティのサウンドを彷彿とさせますね。そうかと思えば、#5では超ファンキーなレア・グルーヴを、#7では気だるいリズム&ブルースを聴かせてくれます。  トロヴァヨーリの隠れた名盤としてファンの間では人気の高かった1枚。待望の初CD化です。当時大ブームだった刑事アクション映画のサントラですが、ラロ・シフリンも真っ青のクールでファンキーなグルーヴが炸裂。映画そのものが北米での撮影だったということもあってか、ジャズ・ファンクをベースにした、かなりアメリカ映画っぽい硬派なタッチに仕上がっています。これを機に本編もDVD化されないかな〜。  名コンビであるエットーレ・スコラ監督が、戦前から戦後にかけてのある平凡な一家の歴史を描いた名作。トロヴァヨーリのスコアは静かに優しく、そして繊細なタッチで叙情的なメロディを紡ぎあげていきます。非常にオーソドックスで控えめ。彼のディスコグラフィーの中では、比較的地味な印象の作品かもしれません。なので、人によって好き嫌いの分かれるタイプのサントラだろうとは思います。

GENTE_DI_ROMA.JPG MUSIC_FROM_THE_FILMS.JPG FILM_MUSIC.JPG SESSO_MATTO_EXPERIENCE.JPG

Gente di Roma (2003)

La Piu Bella Serata Della Mia Vita (1972)/Straziami Ma Di Baci Saziami (1968)/Dimmi Che Fai Tutto Per Me (1976)

Armando Trovaioli Film Music

Sesso Matto Experience (1997)

(P)2003 CAM (Italy) (P)1997 Beat Records (Italy) (P)1995 Vivi Musica (Italy) (P)1997 Right Tempo
1,Il primo bus con gatto
2,Appuntamento con Walter
3,I barboni
4,Roma ore 13.30 (vocals)
5,Una notte al Campidoglio
6,L'invasione del lavaverti
7,Variazioni su un tema
8,Rome by Night
9,Forza Roma
10,Ponentino Romano
11,Ave Roma "sonatori" te salutant!
La Piu Bella Serata Della Mia Vita
1,La motociclista
2,La castellana
3,La castellana
4,Verso il castello
5,Fine di un sogno
6,Pranzo di gala
7,La motociclista
8,Gavotta al castello
Straziami Ma Di Baci Saziami
9,Straziami theme
10,Romantic country
11,The deaf tailor
12,Straziami theme
13,Romantic country
14,Tailor's funeral
15,Looking for her
16,Heartbreak
17,Moonkiss
18,Beat trombone
19,Straziami violin
20,Straziami tango
Dimmi Che Fai Tutto Per Me
21,Golden dream
22,Grand-dad's girl
23,Planning the snatch
24,Armando's blues
25,Gotta get rich quick (instr.)
26,Planning the snatch
27,The fat son
28,Dancing for you
29,Golden dream
30,Gotta get rich quick
Sesso Matto (1973) セッソ・マット
1,Sesso Matto
2,Signora sono le 8
3,L'ospite
4,Delitto sessuale
C'eravamo Tanto Amati (1974) 
あんなに愛しあったのに
5,Tema per Elide
6,Tema per Luciana
7,Strano interludio
8,Picchiapo
9,C'eravamo tanto amati
Viuuulentemente Mia (1982)
10,Smeralda
11,Ibiza
12,Roaring '80
13,Playmate
Noi Donne Siamo Fatte Cosi (1971)
14,Schiava d'amore
15,Il seduttore
16,Music in the Dark
17,Mica tanto
1,Sessomatto (Original version)
2,Sessomatto (Le saisons du plasir mix)
3,Sessomatto (Transesso mix)
4,Sessomatto (The Karminsky Experience Mix)
5,Sessomatto (Funkanova mix)
6,Sessomatto (Do you think i'm dub mix)
7,Sessomatto (Smashin' sex mix)
8,Sessomatto (Do you think i'm sexy mix)
9,Sessomatto (Les saisons du plasir diet mix)

#2&9 remixed by Raphael Sebbag
#3 remixed by Gak Sato
#4 remixed by The Karminsky Experience
#5 remixed by Bel-Air-Project
#6&8 remixed by Claudio Coccoluto
#7 remixed by Dj Smash
 巨匠エットーレ・スコラが独自の視点でローマの日常を捉えたドキュメンタリー映画のサントラ。トロヴァヨーリは、あえて“イタリアっぽさ”を前面に押し出すのを避け、クールで渋いジャズ・スコアで統一することにより、現代ローマのイメージをグローバルな視点で表現してます。レコーディング当時で80代半ばを過ぎているトロヴァヨーリですが、そんな年齢を全く感じさせないモダンなジャズ・センスには脱帽。  60年代から70年代にかけて手掛けたコメディ映画のサントラ3本分をカップリングしたコンピ盤。いずれもトロヴァヨーリの代表作とは言えない平均点な出来映えで、これといって特筆するものもありません。ただ、カンツォーネや民謡をベースにサイケなグルーヴで仕上げた“Straziami Ma Di Baci Saziami”はまずまずの印象。コアなトロヴァy−リ・ファンであれば、持っていても損はない一枚かもしれませんね。

 こちらも、トロヴァヨーリが手掛けたコメディ映画のサントラ4本分を収録したコンピ盤。何といっても目玉はエットーレ・スコラの大傑作「あんなに愛し合ったのに」のスコアですね。叙情的でノスタルジックな素晴らしいスコアです。ストリングスの爽やかな美しさも絶品。思わず涙が出てきます。是非とも単体でCD化して欲しいサントラですね。ジャズ・フュージョン風のお洒落でスウィートな“Viuuulentemente Mia”もグッド。

 日本・イタリア・イギリス・アメリカの人気DJが参加した「セッソ・マット」のリミックス・アルバムでございます。90年代のクラブ・シーンで時ならぬリバイバル・ブームとなったわけですが、その発信源となったのが東京だったということで、ガク・サトーやUFOのラファエルが日本から参加しています。ただ、個人的に好きなのは、オリジナルの雰囲気を生かしつつアーバンでファンキーなアシッド・ジャズに仕上げた#7かな。

CINEMA_DI_ETTORE_SCOLA.JPG

GEROGE_GERSHWIN.JPG

La musica di Armando Trovaioli per il cinema di Ettopre Scola

Le piue belle canzoni di George Gershwin

(P)1995 RCA/BMG Ricordi (Italy) (P)2003 RCA/BMG Ricordi (Italy)
CD 1
Se permette, parliamo di donne (1964)
もしお許し願えれば女について話しましょう
1,Lo stracciarolo
2,Un amore difficile
L'arcidiavolo (1966)
3,Adramelek
4,Il filo dei giorni
5,L'arcidiavolo
Riusciranno i nostri eroi a ritrovare l'amico misteriosamente scomparso in Africa? (1968)
6,Angola Adeus
Il commissario Pepe (1969)
7,A lonely man
8,Love is a woman
Dramma della gelosia (1970) ジェラシー
9,Adelaide
10,Vedo un ombra sul tuo volto
11,Tema di Oreste
12,Se tu mi lasceresti
13,Sei mesi di felicita
La piu bella serata della mia vita (1972)
14,La motociclista
15,La castellana
16,Verso il castello
C'eravamo tanto amati (1974)
あんなに愛しあったのに

17,Strano interludio
18,Tema per Luciana
19,C'eravamo tanto amati
Brutti, sporchi e cattivi (1976)
醜い奴、汚い奴、悪い奴

20,Dormitorio
21,Brutti, sporchi e cattivi
Passione d'amore (1981)
パッション・ダモーレ

22,Passione d'amore
CD 2
Il mondo nuovo (1982)
1,Il viaggio
2,Sarabanda per la caduta di un re
3,Quella notte a Varennes
Maccheroni (1984) マカロニ
4,Un amico chiamato Bob
5,Un amico chiamato Tony
La famiglia (1987) ラ・ファミリア
6,La famiglia
Splendor (1989) スプレンドール
7,Biglietto d'ingresso al cinema Splendor
8,Miracolo al cinema Splendor
Che ora e (1989) BARに灯ともる頃
9,Una giornata a Civitavecchia
10,Che ora e
Il viaggio di Capitan Fracassa (1990)
11,Musica per tutte le stagioni
12,Il viaggio di capitan Fracassa
13,Capitan Fracassa e la compagnia viaggiante
Mario, Maria e Mario (1993)
14,Musica per una strana stagione
15,Un giro sui pattini
16,Mario, Maria e Mario
Romanzo di un giovane povero (1995)
17,Ti piace questo provino sig.Scola!
18,L'anellino di latta
19,Romanzo di un giovane povero
CD 1
1,Theme from Rhapsody In Blue
2,I Got Rhythm
3,Embraceable You
4,Liza
5,Who Cares?
6,For You, For Me, For Evermore
7,But Not For Me
8,Bidin' My Time
9,Someone To Watch Over Me
10,'S Wonderful
11,The Man I Love
12,Love Is Here

orchestration by Armando Trovaioli
chorus by 4 piu 4 di Nora Orlandi.
CD 2
1,Summertime
2,I Got Plenty O'Nutting
3,Bess, You Is My Woman Now
4,Fasinating Rhythm
5,I've Got A Crush On You
6,Somebody Loves Me
7,Swanee
8,A Foggy Day
9,Oh, Lady Be Good
10,They Can't Take That Away From Me
11,Nice Work If You Can Get It
12,Love Walked In

orchestration by Armand Trovaioli
chorus by 4 piu 4 di Nora Orlandi
 名コンビである巨匠エットーレ・スコラ監督の為に書いたスコアを集めた2枚組コンピ。前半のCD1はクールなジャズをベースに、イタリアの下町情緒溢れるようなユーモラスで暖かいスコアが目白押しです。庶民的な親しみやすさと、ジャズのお洒落なタッチが絶妙にブレンドされていて、カクテル・バーのラウンジ・ミュージックとしても十分に楽しめるような選曲。ボサやジャズ・ファンクなど踊れるナンバーも満載です。  一方のCD2はクラシカルなスコアが中心となっていきます。80年代以降は、スコラ監督自身の作風も大きく変化していき、巨匠らしい風格と味わいのある作品が多くなりましたからね。やはり60〜70年代の作品に比べると面白味に欠けるというのは否めませんが、「マカロニ」なんかはベテラン大御所にしか出せない深い味わい。しかし、90年代のスコラ作品って一本も日本公開されてないですね。  1959年から62年にかけて、トロヴァヨーリがバンド・リーダーとしてレコーディングしたガーシュウィン作品を集めた2枚組コンピレーション。やはり映画音楽家として知られるノラ・オルランディ率いる“4 piu 4”がコーラスを担当しています。ドリーミーで浮遊感のあるハーモニーが美しい#1なんか最高ですね。ストリングスのアレンジも非常にロマンティックで、イタリア映画音楽ファンも十分に楽しめる内容だと思います。  こうしてトロヴァヨーリのガーシュウィン作品集に耳を傾けていると、いかに彼がアメリカン・ジャズから強い影響を受けているのかが良く分かります。スコラやコメンチーニ、リージらの人情コメディで聴かせてくれる洒脱なジャズ・スコアは、ガーシュウィンやコール・ポーターからの影響だったわけです。ただ、それでもアメリカ人の録音とは一味違った甘い優雅さは、トロヴァヨーリならではなのかもしれません。

MACARONI.JPG SESSO_MATTO_SINGLE.JPG

マカロニ
Maccheroni (1984)

Sessomatto (2001)
Sesso Matto

(P)1984 General Music (France) (P)2001 West End (USA)
face A
1,Macaroni
2,Un Ami Nomme Bob
face B
1,Un ami nomme Tony
2,C'est arrive a Naples
3,Les Amis
Side A
1,Original 1976 Jim Stuard Disco Mix 10:00
Side B
1,Version Idjut 7:57 #
2,Idjut Boys Re-Edit 6:37 #

produced by Mel Cheren
# remixed by Llew Horowitz
 80年代における、トロヴァヨーリのベスト・ワークと呼んでも過言ではない名盤です。このノスタルジックなロマンティシズム。そして、ほのかに香るジャズの深い味わい。何とも優しくて、胸がキュンとなるくらいに切ない、そんな素晴らしいスコアを聴かせてくれます。映画を見終わった後に、ロビーの売店で思わず買ってしまったサントラEPがこれ。以来、20年以上に渡る愛聴盤になっています。是非、完全版でCD化を!  サルソウル、プレリュードと並ぶニューヨークの名門ディスコ・レーベル、ウェスト・エンドが76年にリリースしたカバー・バージョン。プロデュースは創設者であるメル・シェレン自身が手掛けてます。オリジナルよりもエロ度は控えめながら、しっかりとファンキーでグルーヴィーな出来映え。この12インチは2001年のリミックス盤ですが、こちらもノイジーなアシッド・ジャズに仕上がっていて、十分カッコいいです。

追加

CASANOVA_70_JP.JPG CASANOVA_70.JPG LA_VISITA.JPG DOTTOR_JEKYLL.JPG

ゴールデン・ハンター
Casanova '70 (1965)

ゴールデン・ハンター/
黄金の7人・1+6 エロチカ大作戦
Casanova '70 (1965)/
Homo Eroticus (1971)

La Visita (1963)/
Alta Infedelta (1964)/
Le Belle Famiglie (1964)

Dottor Jekyll E Gentile Signora (1979)
アバンチュールはデュエットで
Mystere (1983)

(P)2004 Avanz Records (Japan) (P)2009 GDM (Italy) (P)2007 GDM (Italy) (P) Saimel Ediciones (Spain)
1,Main Theme
2,Running Slow
3,See What's Happening
4,Which Way Is Appian?
5,Seclusion
6,Is That You Again?
7,Ballin-ing The-iamo
8,C'e'un non so che (Bonus track)
9,Simpre Cosi (End-title-suite)

arrange & conduct by A.Trovaioli
Casanova '70 ゴールデン・ハンター
1,Casanova '70 (titoli)
2,Striptease
3,'700 Jazz
4,Dino's Blues
5,Rubacuori
6,Casanova '70 (ripresa)
7,Blues For Casanova
8,Sensual Jazz
9,From Marcello
10,Casanova '70 (finale)
Homo Eroticus 黄金の7人・1+6
11,Titoli
12,Coco
13,Homo Eroticus
14,Primo Incontro
15,Concettina
16,Titoli (#2)
17,Incontro a Milano
18,U Picciutazzu
19,Alianti
20,Titoli (#3)
21,Filodiffusione
22,Rallenty
23,Concettina (#2)
24,Titoli (#4)
La Visita
1,La Visita (titoli)
2,Una Donna Sola
3,Tango Di Pina
4,La Visita (ripresa)
5,Una Donna Sola (ripresa)
6,La Visita (finale)
Alta Infedelta
7,Gente Moderna (titoli)
8,Non Ti Ricordo Piu'
9,Armando In Blues
10,Elegant Bossa
11,Piano Bar
12,La Sospirosa
13,Non Ti Ricordo Piu' (ripresa)
Le Belle Famiglie
14,Amare e' Un Po' Morire
15,Le Belle Famiglie Shake
16,Amare e' Un Po' Morire (fantasia)
17,La Moglie Gelosa
18,Amare e' Un Po' Morire (shabadabada)
19,Il Maggiordomo Vietnamita
20,Il Principe Azzurro
21,Balla Bella
22,La Moglie Siciliana
23,Amare e' Un Po' Morire (valzer - finale)
Dottor Jekyll E Gentile Signora
1,Mr. Jekyll & Mr. Hyde (Titoli)
2,A.F.Blues
3,Dottor Jekyll E Gentile Signora (Luna Park)
4,Dottor Jekyll E Gentile Signora (Tema d'amore)
5,Dottor Jekyll E Gentile Signora (Sexy)
6,Dottor Jekyll E Gentile Signora (Mistero)
7,Dottor Jekyll E Gentile Signora (Inseguimento)
8,Dottor Jekyll E Gentile Signora (Dolcezza)
9,Dottor Jekyll E Gentile Signora (Dr.Jekyll Funky)
10,Dottor Jekyll E Gentile Signora
  (God Save The Queen)
11,Dottor Jekyll E Gentile Signora
  (Inseguimento #2)
12Dottor Jekyll E Gentile Signora
  (Tema d'amore #2)
Mystere
13,Prelude For A Murder
14,Mystere
15,Requiem Pamela
16,Who's The Killer?
17,Piano Bar
18,Falling In Love With Mystere
19,The Killer Is Round The Parking
20,Lesbo
21,Runnin' Down The Subway
22,Aerobiotics
23,Hong Kong
24,Mystere (#2)
25,Mystere (#3)
26,Mystere (#4)
27,Mystere (#5)
28,Mystere (#6)
29,Mystere (#7)
30,Mystere (#8)
 マリオ・モニチェッリ監督、マストロヤンニ主演のセックス・コメディ。ヴィルナ・リージを筆頭に、ミシェル・メルシエやらベバ・ロンカールやらマーガレット・リーやら豪華な顔ぶれの揃った女優陣が実に賑やかな作品でした。特にマリーザ・メルの美しいこと!で、トロヴァヨーリのスコアも、ジャジー&スインギーなラウンジ・サウンド全開。『黄金の7人』を彷彿とさせる洒落たタッチが魅力の一枚です。惜しむらくは、全曲モノラル・ミックスだということ。音の感触もトータルで少々粗い印象です。  こちらは『ゴールデン・ハンター』とマルコ・ヴィカリオ監督のセックス・コメディ『黄金の7人・1+6/エロチカ大作戦』のカップリング。500枚の限定プレス盤です。『ゴールデン・ハンター』の方は日本盤と同じくモノラルですが、音質は遥かにきめ細かい感じ。ただ、選曲は日本盤の方に軍配が上がるかもしれません。一方の『黄金の7人〜』はステレオ・ミックスを使用。お茶目でポップ、いかにも70年代イタリア産セックス・コメディといった感じのラウンジ・スタイルが最高。さすがトロヴァヨーリ!  日本未公開のコメディ映画3本をカップリングした豪華盤。アントニオ・ピエトランジェリ監督、サンドラ・ミーロ主演の“La Visita”はジャジーかつムーディ、適度にラウンジ風味を効かせた仕上がり。マリオ・モニチェッリら複数の監督にシャルル・アズナヴールやモニカ・ヴィッティ、クレア・ブルームという豪華キャストの“Alta Infedelta”はツイストやサンバをモチーフにしたイージーなスコアが満載。ウーゴ・グレゴレッティ監督、トトとサンドラ・ミーロ主演の“Le Belle〜
”はちょっと地味な出来かもですね。
 こちらもレアなサントラのカップリング盤です。ステファノ・ヴァンツィーナ監督、パオロ・ヴィラッジョ、エドウィージュ・フェネッシュ主演の“Dottor Jekyll〜”は、ディスコ路線のキャッチー&ポップな主題歌#1が秀逸。能天気かつファンキーです。ただ、スコアそのものは全体的に凡庸な印象。一方、ステファノの息子カルロ・ヴァンツィーナ監督、キャロル・ブーケ主演のサスペンス『アバンチュール〜』はというと、シリアスなサスペンス系スコアがメインなためトロヴァヨーリらしさが希薄。残念。

 

戻る